2006年09月30日

常泉寺の彼岸花アップ!

一度週末に彼岸花を撮りに行ったのですが、やはりKiss Digitalだとどうしてもダイナミックレンジの制約でハイライト部分が思うように出せないということもありました。そこで木曜の晴れ間を狙って不良社員モードを使って1Ds MkIIで再度撮りに行きました。
レンズは同じVK70です。下記リンクにアップしましたのでご覧ください。

http://www.asahi-net.or.jp/~eg3y-ssk/photo/tstar/higan2006/index.htm

ハイライトを活かしたかったのでHDRも作成してみましたが、どちらかというと普通に撮ったほうが今回は良かったのでHDRは使っていません。
HDRが効果がないというわけでなく、最終的に8bitに切り出すときにモノクロだとなかなか思うように作れないということがあります。この辺はまだまだ研究が必要です。

今回は「ソフトフォーカスはシャープに撮る」というテーマをうまく出せたのではないかと思います。

7174.jpg
EOS 1Ds MkII, VK70 Soft
posted by ささき at 10:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ○ ホームページ更新記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

Photokina一日目

フォトキナですが、いままでの情報では私的にやはりSigmaのDP1が一番の注目です。やっとデジタルの世界でも趣味性と機能の満足できるものが出来たという感じです。新型フォビオンの能力とともにDP1にはかつてTとかミニルックスとか高級コンパクトカメラに感じたわくわくとしたものがあるような気がします。とにかく企画倒れにならないように発売まで持ってきて欲しいところです。。
それとSigmaではわたしも持ってるAPSデジタル専用のDC18-200ズームに手ぶれ補正がついたというのが驚きです。これも購入候補です。

キヤノンではやっとフォトストレージを出してくるようですが、エプソンなんかに比べてEOSとの操作親和性を持たせるという点でどれだけ差別化できるかというところですね。いずれにせよフォトストレージは機能より、プレビュー速度とか転送速度のように基本性能が重要なので、これは実物を見てみないと分かりません。
(フォトキナではありませんけど)エプソンもAdobeRGB対応の液晶を搭載したフォトストレージなんかを出しているのがすごいところです。ただ現実的には、ターゲットであるパソコンのモニタの主流がsRGBであるかぎりは単体で見るときの満足くらいですが、、

あとはこんな大判レンズを使ったあやしいパノラマカメラも出ているようですが、この辺はluminousあたりにそのうちレポートされてくると思います。
こうした面白いものもいろいろレポートされるのも楽しみではあります。
http://www.roundshot.ch/xml_1/internet/de/application/d438/d925/f934.cfm
posted by ささき at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | __→ Sigma DP1・DP2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SigmaからFoveon搭載の高級コンパクト?

SigmaからフォトキナでSD14という新型が出ますが、それよりすごいのはこのフォーラムのポストにあるDP1というコンパクトカメラです。

http://forums.dpreview.com/forums/read.asp?forum=1027&message=20183934

おそらくSD14と同じ?センサーを使用して16.6mm F4(28mm相当)の単焦点レンズを搭載しているようです。
これは...ポスト内にリンクがありますが、写真を見ると2.5インチTFTの大きさからすると大きさはGRデジタルと同じくらいですね。これでSD14と同じセンサーだったらだれもが待望した真の高級コンパクト・デジタルカメラですが、、さて本当でしょうか。
レンズがF4に抑えているというのもイメージサークルを稼ぐためという感じがしますし、もしこれが本当なら「必ず買い」です(笑)

posted by ささき at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ Sigma DP1・DP2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

彼岸花の日

今日は思わず晴れたのでいよいよ彼岸花の本番でまた常泉寺に行ってきました。
風も程よく吹いていて秋の風が気持ちよく感じられます。もう陽の中にいて暑いという感じはあまりありません。
いつものようにKissDigital NとキヨハラソフトVK70を使います。

常泉寺はまさに彼岸花が満開でたくさんの人が来てしました(三脚は禁止です)。
昨年よりも中は歩きやすく整備されています。

blog_higan_3.jpg................................blog_higan_4.jpg
KissDN, VK70

ソフトレンズはなんといってもピントあわせが一番やっかいです。
またソフト効果もKissDNの小さなモニタだとなかなかたしかめるのが大変ではあります。2.5インチ液晶があれば...(笑)
posted by ささき at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 花こよみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

ツァイスの新レンズ

ツァイスからも新レンズがフォトキナ向けに発表されたようです。
ツァイスのページはなかなかつながらないのですがこの辺が見やすいようです。

http://camera-info.com/Zeiss/New_Zeiss_lenses_for_Nikon_Hasselblad_and_Zeiss_Ikon/_Leica_M.html

しかし50/2、35/2、18/4とかBiogon21/4.5って。。。次のレックス復刻の複線と見た(笑)
Sonnar50/1.5からの流れでこのままベルテレ・オマージュみたいなシリーズに突入という読みもあります。
posted by ささき at 19:32| Comment(2) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

寒川での流鏑馬

今日は寒川神社の流鏑馬を撮りに行きました。
武田流の流鏑馬のみなさまで、先月は三島に天気のせいでいけなかったので三浦以来です。
実は今日も午前はよかったのですが、午後から天気が崩れてきました。
陽も差し込まなくなったので、今日は望遠は止めて流し撮り一本でいくことにしました。

何回行っても近距離で流鏑馬を流し撮りするのは難しく、それだけ挑戦し甲斐があるともいえます。

7087.jpg
EOS-1Ds MkII, EF24-105 IS, 1/80s

今日はこのショットが自分としては改心の出来でした。流してもかつ射手は止めるというのがなかなか難しいのです
ちなみにEF24-105は流し撮り用のISモードがないので、ここではISを切っています。またピントは置きピンでマニュアルです。
posted by ささき at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 撮影日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

EF50/1.2とEF70-200/4 IS

さきに発表されたEF50/1.2ですが、photo.netあたりを見ていたらフローティング・エレメントではないという情報がありました。また非球面は研削ではなくGMOだそうです。
F1.2のような超がつく大口径の場合は近接すると収差が増大するので、フローティングエレメントでそれを打ち消すというのが定説で、EF50/1.0LやP55/1.2などはフローティングつきでした。
フローティングエレメントを省略したり、キヤノンの看板とする研削非球面ではなくGMOというのはやはりコストをかなり意識しているのでしょう。しかし逆に言うと飾り物のフラッグシップというよりも、きちんとワークホースとして売ろうということなのでしょう。
ガラス的にはエコガラスのせいで不利になっているとは思いますが、やはり光学設計力とか設計ソフトも進歩しているということでしょうね。
買うかどうかはわかりませんが、ちょっと写りは興味あります。

一方でEF70-200/4の待望のIS付きはかなり期待しています。70-200/4はやはり描写力がすばらしいので風景でよく使っていますが、これでISがつくと軽くてサポートしやすいと思うので動きの早い流鏑馬なんかにも使えそうです。
ただちょっと高いのが難ですね。。。
posted by ささき at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

デジタルMと新レンズ群登場

いよいよフォトキナにデビューと宣言していた通りデジタルMが姿を現しました。よくぞM型の筐体にぴったり入れたという感じです。さすがに巻き上げレバーはありませんね。

しかしもっと驚いたのはこのデジタルMにあわせた新レンズですが、Tri-Elmar 16-18-21って。。

http://www.dpreview.com/articles/leicam8/
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/lens/2006/09/15/4622.html

あわせてユニバーサルファインダーも発売されるようです。ユニバーサルファインダーは下記のディーラーページにも載っています。(WWSucher-M)
ワイド・標準の二つのトリエルマー用の枠線切り替えかなんかのノブがありますね。
それとM28/2.8ASPHも新しくなるようです。デジタル対応というやつでしょうか。下記のディーラーページにはNewとして載っていますが、写真を見ると7枚玉かって言うくらいコンパクトです。

こちらのLeicaディーラーのページでは、englishを押してproductsをクリックすると見られます。

http://www.leicabeimeister.com/
posted by ささき at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

彼岸花の季節

彼岸花の季節になってきましたが、今年はどうも長期的に雨模様です。
そこで先週末に晴れたとき、一足先にいつもの常泉寺に行ってきました。

まず今年は昨年よりさらに道が変わっていて高座渋谷の駅からまっすぐ行けなくなりました。いったんはじめにぶつかった道を右に折れて道なりにL字型に回り込んでいくと寺につながる道になります。はじめての人は最新の地図をネットからダウンロードしてみたほうがよいでしょう。
駅の反対側にも入り口が出来てロータリーになっているので再開発をしているようです。
また寺までは自動販売機がなくなったので水分などは駅で買っていったほうがよいです。または寺の駐車場に販売機があります。

blog_higan1.jpg....................................blog_higan2.jpg
EOS KissDN, VK70R soft

彼岸花はさすがにあまり咲いてなく、咲いているものも残念ながらしおれていました。
そこで少しだけアップいたします。(右は花魁草といいます)
今年は本番が撮れるかは微妙な情勢です。
ただ急に冷えたので紅葉は期待しているのですが、、
posted by ささき at 23:51| Comment(3) | TrackBack(0) | __→ 花こよみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

ピクチャースタイル・トワイライト

Kiss Digital Xとともにキヤノンの標準RAW現像ソフトであるDPPも2.2となりソフトウエアのゴミ取り機能を取り入れるそうです。またDPP2.2からピクチャースタイル「紅葉」という現像セットが追加されます。まさに秋向けですね。「風景」が青を強調していたのに対して「紅葉」では赤・黄系の強調をするというわけです。
フィルムではフォルティアSPが春の花むけのカラーバランスを持っていたのですが、これはそうしたもののデジタル版と考えてもいいでしょう。

http://cweb.canon.jp/camera/picturestyle/file/index.html

ここではすでにリリースされている「トワイライト」を使ってみました。

blog_picstyle1.jpg.............................................blog_picstyle1b.jpg

写真は裏磐梯の山から日が落ちた後の風景です。
左がトワイライトを適用したもので右がニュートラル(1Ds2の標準)です。他の設定は同一です。
場面によってはなかなか効果的に使うことができますので「紅葉」も今年の紅葉写真では活躍できるかもしれません。あとはピクチャースタイル「ツァイス」とか「戦前ライカ」とか味のあるのを作っていただきたいところです(笑)
posted by ささき at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ DPP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

Kiss Digital X ハンズオン

Kiss Digital Xが発売されたようですのでさっそくさわってきました。
全体的な感覚は同じですが、まず液晶が大きく変わっています。全体のプレビューとしては大きくなくてもいいと思いますが、だいぶ細部やピントが見やすくなります。
KissDNの場合は小型化されたことで常時残り枚数カウンターや露出情報などの情報がサブ液晶にでるわけですが、これが大型液晶のおかげでなくなると困るのでは、と思いましたがなかなかうまく情報がメイン液晶に表示されるようになっていて、接眼すると表示が消えるなどの仕組みで解決しているようです。
そのほかではAFが非常に早くなったので驚きます。KissDNの一番の弱点はここだったのですが、標準の暗いズームでもかなり俊敏に動きます。
店頭では暗所で試せませんが、ここも改善されてるとちょっといいですね。

それと待望のゴミとり機能もつきましたので、1000万画素というところを除いてもなかなか全体には魅力的なような気がします。
ただKissDNからの買い替えとなると考えてしまいますね。。。あ、買い足しならいいか(爆)
posted by ささき at 21:24| Comment(2) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする