2007年03月29日

さくら、さく

いよいよ東京にもさくらの季節がやってきました。
御苑で少し撮ってきたさくらの写真です。途中でいつもの妙法寺のしだれ桜も見てきたんですが、こちらは花のつきが悪いようでした。やはり暖冬や寒の戻りの不順さがたたっていますね。

今回はAdobe Lightroomを使用しています。

2027.jpg
EOS-1Ds MkII, VK70 Soft


2108.jpg
EOS-1Ds MkII, EF135/2.8 Soft


2085.jpg
EOS-1Ds MkII, VK70 Soft


さて、週末天気がもてばいいんですが、、
posted by ささき at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | __→ 花こよみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

Lightroomを試用

PIE2007の会場でLightroomの試用CDをもらってきたのでいろいろ試していました。
わたしはCS2でCamera RAWを使っているわけですが、基本的に現像部分はほぼ同じです。
それにBridgeより使いやすいライブラリがついて、印刷やWeb用のパブリッシュ部分がついて、ワークフローとしてまとめられたというところです。
たしかプレビュー版のときはモノクロ用の専用ダイアログがあったと思いましたが、グレースケールという点でまとめられているのはちょっと残念です。

たしかにBridgeよりはずいぶん使いやすく、特にスタック機能はオートブラケットで撮影した画像をまとめるとき(HDRを意図して撮ったとき)などに便利です。
それと処理をするときにバックグラウンド処理をうまく活用しているのもプラスです。
ただWeb機能とかスライドショウとかはわたしは多分使わないので、そこは余分な気がします。
CS3も出るので、そこも考えどころです。。
posted by ささき at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ LightRoom | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

PIE2007

今日は不良社員モードでPIE2007にいってきました。

*SIGMA

pie07b.jpg pie07j.jpg

DP1
今回のお目当てはこれです。ただ思っていたほど小さくはない感じではあります。一昔前のデジカメという感じで、レンズの張り出しもややあります。これはモックなので動作はできません。
また最終形だけどかなり質感はちゃちなプラっぽい感じではあります。物欲ファクターは3割ほど減りました(笑)
ファインダーも最終版ということですが、これはあまり出来はよくないですね。周辺もかなり歪むしクリアさや抜けもいまひとつです。ここはコシナのファインダーをつけたいです。
後は画質とレスポンスというところですが、登場は数カ月のうちにも、と言うことです。
また28mmを選んだ理由は聞いてもちょっと不明でした。個人的には35mmくらいの方がスナップには使いやすいし、レンズ設計も楽だと思いますが、、

pie07c.jpg

それとこの巨大なマグロみたいなのは200-500/2.8です。

*CANON

あとこの前忘れてた1D3のライブビューも試しましたが、やはり拡大するとかなりピント合わせは楽です。これはマクロではかなり役立つでしょうね。
1DsIIIにもつくなら、高画質のマクロ撮影はかなり変わることでしょう。

*Olympus

pie07a.jpg

小型でちょっと興味のE410です、レンズは35/3.5macroです。これはフォーサーズで等倍とのこと。
小さくていいんですが、ファインダーがやはり小さく感じます。
これにパンケーキがあればいいんですが、わたしがやるとしたら、これにアダプタつけてOMレンズでしょうねえ。。


*SONY

pie07d.jpg

Sonyではプロ用とかハイアマ用ボディもみてきましたが、これもちょっと外装はいまひとつです。プロ用の方がやや大柄には見えます。レンズラインナップは気合が入っていました。

*Zeiss

ツアイスのコーナーも独立してブースを出していました。双眼鏡などを除けば、カメラは実質コシナコーナーですが、アルファレンズもあってブランドの統一性をアピールしてます

*Mamiya

pie07e.jpg

実は今回のPIEの目玉はこれか!というマミヤZDのハッセルマウントアダプタ、マミヤが作成したそうです。Cレンズがついていました。レンズシャッターは開放ですがいちおうピントもあいそうです、イメージサークルもカバーしてるとのこと。
これでZDがほしくなる人も多いでしょう。
ファインダーも見せてもらったけど異様に黄色い、さすがCレンズです。

*Rollei

pie07f.jpg pie07g.jpg

ローライではHy6というフィルム・デジタルのハイブリッドカメラが出てましたが、バック交換式と言う意味のようです。

pie07h.jpg

こちらはXPanを使った3Dカメラです。

*Film

久しぶりにフィルムネタですが、(新)ベルビア50のサンプルが出ていました。
コントラストやシャープさなどは旧ベルビア50と全く同じですか、というと同じということでした。
前は実質ISO40だったけど今回も。。ということです。ただ前より若干良くてISO45くらいとのこと。

またローライではローライブランドのモノクロフィルムが出ていました。立派な木の箱に入っています。いまからはフィルムはこうしたプレミアもの扱いなのでしょうね。
ちなみに中はアグファだそうです。

*2F

pie07i.jpg

2Fの方にカメラ博物館の提供で日本のクラシックカメラ展もやってます。
posted by ささき at 19:59| Comment(2) | TrackBack(0) | __→ Sigma DP1・DP2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

EOS-1D MkIII ハンズ・オン

新宿のSCで1D MkIIIを触ってきました。
お昼頃に行きましたが、わりとすいてすぐに使えました。
デモ機にはEF50/1.2Lがついていました。これも初めて見ましたが、かなり迫力はありますね。

ホールディングという意味で持った感覚はまったく同じ、重さも少し軽くなったというくらいです。バッテリーはかなり小型になりましたがそんなに劇的には軽くはない感じです。
ファインダーは大きくなったので見やすく感じますが、ピントの立ち方はあまり変わらない気がします。1DsIIに比べると明るくなった分でかえってピンの立ち方は1DsIIの方がよいようにも感じました。まあここは直接比べてみないと分かりませんが、、

操作性は1D系から変わった上に前後のダイヤルを組み合わせるという操作なので少しとまどいますが、ISO変更とか慣れるといいかもしれません。ただコンパクトデジカメのようなタブ方式のメニューよりD30/5Dのようにリニアなメニュー配列の方が好みではあります。

またシャッター音とシャッターを切った感触は個人的には1DsMkIIのほうがいいと思います。連写のパシャパシャした音もあまり気持ち良いい感じではないですね。連写は早くバッファの開放も早いので、ここは文句はでないところと思います。
さすがに液晶は広くてみやすいです。ただピントの山が分かりやすいかというとそうでもないように思えます。液晶の画素数が同じなら画面が大きい方が精細感がなく甘い感じに見えますからね。ピンを合わせるという点では2.5インチでいいから画素数が上がってほしい感じがします。ジョイスティックも液晶での再生では使いやすい感じです。

EF50/1.2は液晶でもとてもよい写りでこれは気になるレンズですね。写りが柔らかく雰囲気表現がいいです。

全体には劇的にいますぐほしい、という感じではないです。ただ改良点が細かく積み重なっているという感じですね。デモではそれほどではないけど使って見ると良いかも知れません。
また動体補足力とか、ショウルームでは分からないところもあるのでまたちょっとどこかで使ってみたいところです。

あ、ライブビュー試すの忘れた(笑)
posted by ささき at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

「高級コンパクト」の復権 Sigma DP-1

PMAでの私的注目のひとつはこのSigma DP-1の改良があります。以前のコンセプトモデルのようなものよりだいぶスペックなども具体化しているので楽しみです。
スペシャルサイトもできたということで、シグマもなかなか本気ではありますね。
http://sigma-dp1.com/
わたしとしてはフィルム時代にはまっていた「高級コンパクト」というジャンルがまた復活することでとても楽しみです。

またスペックがだいぶ明確に見えてきました。
これを見てて思ったんですが、シャッター速度が1/4000というと、かなり助かりますね。かつてのフィルム時代の高級コンパクトがみなこんなに早いシャッターは切れないということにないてましたが、1/4000ならば立派です。特にMiniluxはF2.4の開放がなかなか使えないので泣くこともしばしでしたね。
開放がF4なので1/4000なら日中でも十分に開放で取れそうです。つまりAPSサイズとともにボケを生かした絵つくりができるということですね。この辺は以前のフィルム時代の高級コンパクトではかなりフラストレーションのあったところですので楽しみです。

また最短が30cmというのは28mmでは悪くはないですが、ちょっと倍率は苦しくなります。


すくなくとも「高級コンパクト」の要素のひとつの「ポケットに入るサイズで画質は一眼レフの高級レンズに勝るとも劣らない」ということはこれで満たされました。
ただDP-1ではもうひとつの要素の「所有する喜びを満たす趣味性の高い造り」はもうひとつのように思います。やはりCONTAX T2がブレークした理由の大きなところはそれですからね。
しかもシューがついたのでファインダーもつけられます。28mmだとコシナ用とかライカ用とか、単焦点なのにターレットファインダーつけたりとか、また久しぶりに怪しい遊びができそうです(笑)
MFでのフォーカスも可能なので、過焦点距離にセットしてファインダーとあわせてパンフォーカスでスナップ撮るなど、なかなか通な使い方もできます。

リコーがGR DigitalにAPSセンサーをいれてくれればこの「デジタル高級コンパクト」というジャンルもだいぶ盛り上がるのではと思いますが、今回のPMAではそういうアナウンスはなさそうです。
残念。。
posted by ささき at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ Sigma DP1・DP2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PMAのプレビューから

PMA前夜のプレス向けイベントからですが、下記に写真がいくつか載っています。

http://pma2007.phanfare.com/album/227951

このJOBO PhotoGPSってExifにGPS位置情報を書き込むらしいんですが、シューにつけてどうカメラとつながっているんでしょう?

赤目除去のシミュレーション用のマネキンも笑えます。あとデジカメでもとうとうゴールドカメラがでてたりしてます。
フォトストレージもかなり出ているようですね。
posted by ささき at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

Sigmaから驚きのごーにっぱズーム

PMAもいよいよ開始されますが、直前にいろいろと発表も出てきましたね。
しかし、このシグマの200-500/2.8ズームって。。エイプリルフールのネタかと思ってしまいました。
500/2.8はてっきりキヤノンがDOで出すのかと思っていたら、まんまとシグマに先を越されてしまいました。まあシグマもその辺を警戒してさらにズームというプラスをつけたんだと思いますが。

http://dc.watch.impress.co.jp/cda/lens/2007/03/08/5746.html

「*写真のSD14は、付属しておりません」というコメントが妙に笑えます(笑)。ミロター500とか1000を思い出しますね、これ。
posted by ささき at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

え、3月18日!

今年の桜の開花予想が発表されましたが、なんと東京地方は3月18日という異例の早さです。え、え、という感じですね。
ということはこの辺の枝垂れはもう咲いているんじゃ。。全然チェックしてなかった。

http://www.jma.go.jp/jma/press/0703/07a/sakura2007_1.html

問題は秩父地方の開花ですが、、これはわたしの有休取得計画に関係します(笑)
posted by ささき at 23:04| Comment(2) | TrackBack(0) | ○ 日記・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする