2007年05月27日

笠懸2007

今日は三浦半島の油壺で笠懸(流鏑馬)を撮ってきました。
浅草は小笠原流の射手の方々でしたが、こちらは武田流の射手です。

さて、三浦といえばまずマグロです。
昨年からのマグロ値上がりで駅前の刺し身定食は1750円に上がっていましたが、この内容を見れば納得!

sashimi1.jpg

おもわずご飯をおかわりしたくなりますが、ここはぐっとこらえます。
刺し身でお腹がいっぱいになるという快感の余地を残しておくわけです(^^

さぁて、満足満足、じゃあ帰るか、と一瞬思ってしまいますが(去年も書いたか)、背中に背負ったバズーカ砲のような超望遠レンズ(EF400 DO)が今日の目的を思い出させてくれます。

天気は照度は十分にありますが、薄曇りでややコントラストは低くなっています。意外と今日は混んでいてポジションには困りました。

8439.jpg      8408.jpg

機材は今日は1DsIIとEF400 DOだけで撮りました。あとは1.4xテレコンですね。
しかしやはり長いのでばんばんと撮るのは気持ちいいものです。
posted by ささき at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

ライトアップ・ホームページ更新

神代植物園の春バラ・ライトアップのページを更新しました。

http://www.asahi-net.or.jp/~eg3y-ssk/photo/tstar/machi71/index.htm

posted by ささき at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ ホームページ更新記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

神代植物園のバラのライトアップ

土曜日は神代植物園でバラのライトアップを撮ってきました。
バラは春と秋に二回シーズンがあります。また期間も割と長く、神代植物園のような大きいところでは数百種類(約5千本)もありますので期間も適度にバラけます。また切ってもわりとすぐ花がまた出るそうで意外とタフな花だそうです。

本来はバラは雨に塗れているのが良いので、昨日も雨をねらっていたのですがちょっと雨は無理でした。夕方ころついて夕日でちょっと撮ってから、夜まで熱帯温室で元気のないウツボカズラや実のしょぼいマンゴーとたわむれて一休み。ウツボカズラは日本のハエが口に合わないのか一株に元気な壷?はひとつくらいです。いつも撮っているところの熱帯スイレンももうちょっとですね。まだ開花はあまりありません。

8226.jpg      8216.jpg

夜にはコンサートもあり、アカペラコーラスグループ(名前失念)のライブがありなかなか楽しめました。
夜ですがライトを頼りに手持ちでソフトレンズのVK50Rと接写レンズのプロクサーを使いました。バラは花が大きいので撮り易いとは言えます。

8267.jpg

モノクロは夜間撮ったものですが、だいたいISO800で開放F4.5くらいなら1/30くらいで撮ることができます。NeatImageしていますが、ISO800だと完全にはノイズをとりきれません。ただモノクロの場合は適度に粒状間があった方がらしくなりますので、この辺は適度にやるのがいいかもしれません。
posted by ささき at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 花こよみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

東京の温泉レポート 「深大寺温泉ゆかり」

さて、今日は深大寺でいつものように湧水でもりソバを食べた後に春バラを撮影してきました。最近は深大寺近辺でいろいろ食べ歩く努力も放棄してしまい、冷たいソバを食べたい時は湧水で、暖かいソバを食べたい時は玉屋、と固定化してきました。

いつもと違うのは今日は深大寺にある温泉、ゆかりの湯にいったことです。
最近は多摩境のいこいの湯に実はけっこう行ってたりするんですが、深大寺にも住宅街の中に本物の温泉があります。
「深大寺温泉ゆかり」です。ホームページはこちらです。
http://www.shiroyama-gr.co.jp/yukari/

入浴料は一日だと1600円ですが、一時間以内の「カラスの行水」コースというのがあってそれだと1000円です。バスタオルつきなので、そのまま行って入れます。
夜行ったこともありますが、驚いたのは湯の色が黒い!タールみたいに見えます。多摩境は緑褐色の半透明の濁りという感じで風呂の踏み台が見えますが、ここは数センチ下は見えないので足探りで入る感じです。
匂いは多摩境はいわゆる温泉の硫黄の匂いですが、ここは独特のツンとした臭みがあります。お湯質はなかなかよくて、ぬるっとした肌触りはまさしく温泉です。ここは加水はしてませんが、加温しているので温度は適当です。またかけ流しではなく循環です。
雰囲気もよくて、夜のせいもありますが、野趣あふれていてなかなか良い気がします。住宅街の中なので多摩境のように多摩の林をそのまま使うような訳ではありませんが、うまく植樹していて山間の感じをつくっています。
あと岩にあやしい風水が書いてあり、風水と波動の説明が書いてある怪しさも味があります。体に良いだけでなく、金運にも良いということでお得な温泉です(笑)。
洞窟風呂というのがあったり、風呂のそこに石が敷いてあったりするのもいいですね。ハーブ風呂とか五右衛門風呂とかヴァリエーションもあります。温泉部分だけだと多摩境よりやや広いかも知れません。ただ豆電球のついた水車はいただけないかと(笑)。

温浴効果はかなりあって湯上がりはかなりぽかぽかとあったまる感じがあります。体も軽く感じられますね。
ここの最大の欠点はお湯ではなくて、コーヒー牛乳がないことです(笑)
あとバス停の深大寺までは5分くらいですが、途中が暗くてリアルにお墓があるというのが難点かも(^.^

いままで深大寺までは何度もきていたけど、使わなくて損してた、という気がしますね。これからは植物園にきたときはまずソバ食って、写真撮って、温泉です。
なんとも趣味人な生活ですが、やはりコーヒー牛乳がないのがどうも、、(^^
posted by ささき at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 日記・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

VK50Rとスナップとソフト効果

50mmというスナップには手ごろな焦点距離のソフトレンズということで、花・風景のほかにもスナップでソフトを活かせるものをいろいろと考えてみました。

8189.jpg
EOS-1Ds MkII, VK50R, Adobe LightRoom

そこでひとつのテーマとして「水と光」ということを少し扱っていこうと思います。
ただソフトレンズの能力をフルに生かすには、KissDNだとハイライトが粘れないのでどうしても1DsIIが必要というところがスナップとしては難ではあります。
posted by ささき at 19:34| Comment(2) | TrackBack(0) | __→ VK50R Soft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする