2008年11月30日

新宿御苑の紅葉

DP1が紅葉のカエデの葉をまさに一枚まで解像するので、DP1と紅葉をもう少し試してみたくなりました。そこでバリエーションの豊かな新宿御苑にDP1を持ち出しました。
カメラはすべてSigma DP1です。

sd0225.jpg      sd0175.jpg      sd0107.jpg

sd0189.jpg      sd0219.jpg      sd0217.jpg

さすがにDP1はすばらしい解像感があります。
標準でもぜひ試してみたいので、そろそろDP2もほしいものです。
posted by ささき at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | __→ Sigma DP1・DP2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

森林公園の紅葉

紅葉第三弾は埼玉の森林公園です。
http://www.shinrin-koen.go.jp/
森林公園ではカエデ見本園という各地から集められたカエデが集められているエリアがあります。区画自体は広くはないのですが、この時期はさまざまな色を見せてくれますので、切り取り系で写真を撮るにはなかなか良いところです。
園内は相当に広くて随所にも紅葉した木々はあります。

東武の森林公園駅までは池袋から約一時間ほどです。駅に着くと公園までは基本的にバスで行きますが、駅前からは二系統あります。駅前ロータリーの左端には公園の南口への直通バスがあります。また、路線バスがロータリーの中ほどから出ていますが、これでも西口と南口にいけます。ただしこれは公園内には入らないので、直通バスの方が便利です。
南口から入った方が森林公園の中のうっそうと雰囲気がありますが、今回は時間を短縮したかったので西口からはいりました。
森林公園の中は山の中という感じで木々や湖沼を楽しめます。時間があればゆっくりしていくのがいいですね。

9147.jpg      9150.jpg      9163.jpg
EOS-1DS MkII, EF70-200/4L IS


カエデ見本園の全景はこうした感じです。

9188.jpg

平林寺もそうでしたが、やはり今年はどうも出来がいまひとつです。それともうピークを過ぎたように見えるものが多く見られます。
先月に福島の裏磐梯に行った時点では遅いくらいかと思ったんですが、この急な冷え込みで急に進みすぎたという気がします。普通は急な冷え込みは紅葉に良いと言いますが、今年は裏目に出ているように思います。

とはいえ、絵になりそうな葉を生かして撮ってみました。この黄色と赤の混ざったものはカナダ原産ということで冷えに負けずに良い色を出していました。

9170.jpg      9175.jpg
EOS-1DS MkII, EF70-200/4L IS

光はとてもよかったのでソフトレンズにとってはハイライト効果を生かす良いコンディションでした。
ソフトレンズというとぼやっとした雰囲気を生かすものと考えられがちですが、こうしてピント面はシャープに撮ることがハイライトを生かす上で重要です。また、ピントあわせも普通のマニュアルレンズより難しく、使いこなしは難しいと言えます。

9195.jpg      9204.jpg
EOS-1DS MkII, VK50R Soft

黄色は安定しているので助かる素材です。

9231.jpg
EOS-1DS MkII, EF70-200/4L IS

ここは広角を生かす素材があまりなかったのは残念です。
あとは都内か鎌倉方面ですが、、さて。
posted by ささき at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 花こよみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

iPhoneの接写レンズ付きケース Griffin Clarifi

日本でもよく知られるiPhoneのアクセサリーメーカーのGriffinから面白いケースが出ています。このClarifiはiPhone 3G用のケースにカメラ用のマクロレンズを仕込んだものです。

clarifi4.jpg

iPhoneに変えてからカメラ機能ではちょっと不満を感じることも多くなりました。機能的な問題もありますがやはり画質面です。iPhoneのカメラはパンフォーカスですが特に近距離で近づけないので料理とりなんかやメモ使用でピントが合わなくなります。
パンフォーカスでは焦点が固定されているので普通は無限遠をカバーできる距離にセットされるため、近い方は甘くなりがちです。携帯カメラのセンサーは小さいのでレンズは焦点距離が短く、ピントの合う範囲は広いのですがやはり限界はあります。

そこでこのClarifiではケースに組み込まれたレンズをスライドさせることで簡単にiPhoneの近距離での画質をあげることができます。そのためマクロレンズというよりはクローズアップレンズと言ったほうが正しいでしょう。
普通はiPhoneのカメラでは最短は18インチ(約45センチくらい)までが限界だそうですが、Clarifiを使うことで4インチ(約10センチ)まで近づくことができるとのことです。

日本ではまだ発売してないようでしたので、わたしはeBayから買いました。

clarifi1.jpg

ケースとしてはニ分割してはめ込むタイプで、クロスや液晶カバーも付いています。iPhoneケースとしても質感もデザインもなかなか良いと思います。

clarifi5.jpg

肝心のクローズアップレンズですが、iPhoneのカメラの前にスライドしてかぶせるようにセットします。使わない時はまたスライドして退けておくことができます。

clarifi2.jpg      clarifi3.jpg

下の例では左がそのまま、右がClarifiを使用したものです。
画像は明度調整と縮小のみ行っています。クリックすると拡大します。

clarifi6a.jpg      clarifi6b.jpg

clarifi7a.jpg      clarifi7b.jpg

効果はかなり高く、使用前と使用後の写真を見てもらえると画像がしゃっきりとシャープになっていることがわかります。
これはかなり使えます。
posted by ささき at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

曲技飛行のページ作成

毎年行っている曲技飛行世界選手権、オートボルテージュ2008(ツインリンクもてぎ)のページを作成しました。
11月の初旬でしたが、写真もたくさんあるので製作になかなか時間がかかってしまいました。

7511.jpg      8061.jpg
EOS-1Ds MkII, EF400/4 DO

残念ながらイベントは今回で最後となりましたが、最後のショウは晴天にも恵まれてすばらしいものでした。
下記リンクにてお楽しみください。

http://www.sasaki.cc/motegi2/show08/

開催団体の公式ホームページからもリンクしてもらいました。

http://www.haute-voltige.com/photos/home.html

もてぎは今年限りとなりましたが、日本人パイロット室屋さんがレッドブルエアレースに参加するとのことですので来年も航空イベントがもりあがってほしいものです。
posted by ささき at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 撮影日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

紅葉とSigma DP1

今回はSigma DP1一本勝負で紅葉を撮ってみようと、いつもの新座の平林寺に行ってきました。
平林寺はずいぶん行ってますがわりとはずれがないところではあります。しかし今年はどうもあまり色も抜けていて量も少なく、ぱっと見にも昨年よりいまひとつです。大山が良かったので今年は良いかとも思ったんですが、やはり場所にもよるようですね。

写真はすべてSigma DP1です。DP1のフォビオンセンサーの高精細感がよく出ているのではないかと思います。

sd0009.jpg      sd0060.jpg

sd0021.jpg      sd0080.jpg

sd0086.jpg
posted by ささき at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ Sigma DP1・DP2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

大山寺の紅葉

秋も深まり、外はぐっと冷え込み葉も赤みを帯びてきました。
裏磐梯からひと月、いよいよ関東圏にも紅葉のシーズンがきました。そこで伊勢原・大山の紅葉を撮りに行ってきました。ここは大山寺(大山不動)の参道に覆いかぶさるように見事な紅葉が見られます。大山の紅葉がもっとも関東では赤いと言われていて、いろいろな言い伝えもあります。
少し前までは毎年この大山には行っていたのですが、ここ数年はどうも赤みが抜けたようにオレンジのようにしか紅葉せず、昨年はいきませんでした。しかし今年はわりと良いということで、久々に行ってみました。

大山寺にいくには小田急線の伊勢原駅で降りて大山ケーブル行きのバスに乗り、終点で降ります。そこから大山ケーブルに乗り換えるのですが、ケーブル駅までは少し長い階段の参道を登っていく必要があります。機材一式を担いでのをぼるのはいささか疲れますが、この沿道には大山で有名な豆腐や土産の店が立ち並び、ゆっくり見ていても楽しいものです。

9107.jpg       9023.jpg
EOS-1DsMkII, EF24-105/4L IS

大山寺はケーブルの途中駅です。これはケーブル駅からの眺めで、手前の参道にひしめく店から、遠くははるか相模湾まで見えます。右は大山寺です。
さて、大山寺についてみるとたしかに今年はなかなかの出来です。いままでの最高ではありませんが、きちんと赤くなった紅葉が見事です。
ひさびさに大山でまじめに撮ったという感じでした。

9029.jpg
EOS-1DsMkII, EF24-105/4L IS

8993.jpg      9103.jpg
EOS-1DsMkII, EF70-200/4L IS

9014.jpg
EOS-1DsMkII, VK-50R Soft

9076.jpg      9032.jpg      9048.jpg
EOS-1DsMkII, EF70-200/4L IS

ちなみにここは午後になると日が陰るので、午前の早いうちに行かれることをお勧めします。

さて、帰りはもちろん豆腐料理を食べていきます。丹沢は水の良さでも有名で、江戸時代から参詣の人々に豆腐を出してしたようです。
参詣というのは江戸時代の人々の旅をする口実でもあって、ストイックなものではなくこうして各地のおいしいものを食べながら旅を楽しんでいたわけです。それがこんな狭い日本に豊かで特色ある食文化が育まれたひとつの要因と言えるでしょうか。

08-002.jpg

いつも食べているのは「かんき楼」というお店です。山菜豆腐、湯豆腐、山菜白和え、卵豆腐、豆腐田楽のセットで1575円です。名物うまいものなしとも言いますが、大山の豆腐はなかなかおいしくて、しっかりとした感じと透明感があります。
しかし、となりで食べてたシシ鍋(いのしし肉)もおいしそうだったので、次はシシ鍋目当てでもちょっと行ってみようかと(^^
posted by ささき at 20:34| Comment(2) | TrackBack(0) | __→ 花こよみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする