2009年02月24日

Sigma DP2 at UK

Sigma DP2がPMAよりも早くイギリスでのショウに展示されたようです。

http://www.sigmauser.eu/content/view/257/1/

こちらのdpreviewフォーラムに追加のコメントも載っています。
(サンプル画像も載っていたんですが削除されてしまいました)

http://forums.dpreview.com/forums/read.asp?forum=1027&message=31085789

まずおどろくのはISO3200が搭載されたことですが、現在のDP1の高感度ノイズの多さを考えると3200が実現されるとはにわかに考えずらいことです。おそらく画素をまとめるビニングではないかと思いますが、その場合フォビオンだとかなり画素数は低くなってしまいますね。ちょっとわからないところです。

レスポンスは全体に2割ほど向上してフォーカスもわりと良いようです。また気になっていた最短ですが28cm程度ということで41mm相当にしてはわりとよいように思います。
操作系やボタンレイアウトも改善されたようで、全体にはなかなか楽しみです。3月末のPIEではぜひ試してみたいものです。
できれば桜までにはほしいですね〜
posted by ささき at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ Sigma DP1・DP2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

百草園と梅の季節とDP1

さて、ちょっと梅の様子を見にいつもの百草園へと行ってきました。
百草園の前はきつい坂になっていて、毎年この坂を登ると春が来たと感じるものです。
しかし、今回はなぜか足取りも軽い、、と、バッグの中はDP1だけなんです。一眼レフがなとこうも軽いかと思いますが、
普通あまり梅はコンパクトカメラだけで撮りませんが、まあ画角感覚を鍛えるためには単焦点一本勝負というのはいいものです。また、DP1はコンパクトデジカメでありながら、きちんとした絞りや露出モードがあるので、一眼レフと単焦点レンズを持つ感覚で撮ることができます。

28mmで花を撮るということ自体、工夫を要しますがそうした工夫をすること自体写真のおもしろさとは言えます。
DP1はコンパクトとは言えセンサーがでかいので、たとえばこうして寄って撮り、背景をぼかすということもDP1だとできます。幹や花の質感表現もさすがにDP1ですが、これ、等倍にするとさらにDP1の先鋭なシャープさに驚きます。

sd0808.jpg       sd0792.jpg
Sigma DP1

こうした構図は一眼レフを持っていると望遠で切り取りで撮りたくなりますが、広角で撮るのと望遠で撮るのとは同じような構図でも違いがあります。それは被写体と背景との遠近感です。
広角では遠近感が強調されるので、遠近感が圧縮される望遠とは反対に画面内のものは適度な遠近感を保ったまま写ります。

とはいえ、なかなか広角一本というのはつらい。。標準だとかなり自由度がありますね。早くDP2がこないものかと。
posted by ささき at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ Sigma DP1・DP2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超広角シフトレンズ

そろそろPMAのニュースが届いてきていますが、キヤノンからなんと17mmのシフトレンズが出るようですね。
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/lens/2009/02/18/10229.html
シフトレンズはイメージサークルが広く必要なのでかなり設計は難しいと思いますが、フルサイズをカバーするようです。17mmでも従来の24mmと同等の+/-12mmのシフトが可能で、明るさがこれでF4というのも立派です。イメージサークルはなんと67.2mmをカバーするとのこと。
一般に広角系のシフトレンズは建築などのほかにも、風景などで木立をまっすぐに立たせたりするときに有効ですね。考えてみるとレンズについては買うものはすべて買ったと思ってましたが、シフトはまだでした。ティルト・シフト系も極めてみると面白いかも。それと普通に撮ればイメージサークルの真ん中だけ使えるので意外とよい画質で取れるのかもしれません。
しかし30万というのはどうも。。

あとはとにかくSigma DP2がいつ出るか、ですが。
posted by ささき at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

小田原の流鏑馬2009(武田流)

さて、流鏑馬のシーズンがまたやってきました。ということでまた恒例の小田原の流鏑馬にやってきました。小田原の梅祭りの一環で行われます。

9485.jpg     9499.jpg
EOS-1Ds MkII, EF70-200/2.8L IS

まずは今シーズンの腕ならしということで、いつもの写真を撮ることを考えてスピードに慣れることにしました。

9480.jpg     9482.jpg
EOS-1Ds MkII, EF24-105/4L IS

今回も女性の射手が二人出ていました。下の右の女性は昨年の映画「隠し砦の三悪人」のリメイク版で長澤まさみの馬上の代役を務めたそうです。

9399.jpg     9468.jpg
EOS-1Ds MkII, EF70-200/2.8L IS

ここは生産梅林なのですがすこしは撮ってきました。梅もそろそろ良い感じですね。もう春めいてきましたね。

9533.jpg     9537.jpg
EOS-1Ds MkII, EF70-200/2.8L IS
posted by ささき at 21:12| Comment(3) | TrackBack(0) | __→ 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする