2009年06月28日

iPhone 3GSとカメラ機能の検証

昨日発売されたiPhone 3GSを早速機種変更してきました。

IMG_1260.jpg

あたらしいGSは32GBの黒を選択しました。
移行は時間はかかるけれどもわりとスムーズにいきます。全体にもっさりした感じはなくなり、きびきびと動き文字入力もストレスなくなりました。特にアプリのロード時間はかなり短縮されます。

*カメラ機能

iPhone 3GSで速度以外で大きく変わった点の一つはカメラ機能です。
iPhone 3Gの華々しさの中でもカメラ機能は低く、画質以前にレンズの偏芯が視認できるほど大きくてちょっとがっかりしました。いかにもカメラはおまけという感じです。
しかし、加速度センサーを使用した手ぶれ軽減アプリとか、デジタルズーム機能とか、ソフトによってその性能を広げられるという点に可能性を感じさせられました。

GSではカメラ性能自体が向上しています。単なる画素数ではさほどでもありませんが、オートフォーカスがつきマクロ撮影もある程度できるようになっています。以前はパンフォーカスでした。

実際に少しテストしてみましたが、端までわりときっちりとしています。(画像は縮小とシャープネスの調整をしています)
また色が鮮やかになったので画像エンジンかカラーフィルターも変更があったのかもしれません。

IMG_0558.jpg     IMG_0552.jpg

iPhone OS3.0ではアプリの互換性は高いんですが、カメラアプリ関係はかなり動かないものがあり、よく使っていたDark RoomやZoom Cameraも動作しません。ただ似たような加速度センサー式の手ぶれ軽減アプリのNight Cameraはなんとか動作します。ここではNight Cameraを使っています。

オートフォーカス機能ですが、標準のアプリでは画面の任意の場所をタッチするとそこに焦点が合います。けっこう近くまで寄ることができます。いま使っているClarifyというマクロレンズつきのケースを併用するとさらに寄ることができます。
下の写真の左はカメラのみ、右はClarifyを併用したものです。もちろんノートリミングです。

IMG_0582.jpg     IMG_0583.jpg

総評的にかなり使えるようになったと思います。
これならちょっとしたメモカメラならデジカメはなくてもいいでしょうね。食べ物撮りにも活躍しそうです(^^

IMG_0598.jpg     IMG_0546.jpg

(写真はすべてiPhone 3GS)
posted by ささき at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする