2010年04月14日

ツァイスがシネレンズを一眼レフマウントに

カールツァイスがシネレンズをデジタル一眼レフマウントに移植するというプレスリリースが出ています。

http://www.dpreview.com/news/1004/10041300carlzeisscp2lw2.asp

つまりEFマウントやFマウントで(マウントアダプタなしで 笑)シネレンズが使えるということになります。
これは最近流行のHD動画が撮れるデジタル一眼レフで映画を撮ることを狙ったものようです。(コンシューマー向けではないと思いますが)
F値ではなくT値で明るさは表現されてますが、なんと絞り羽は14枚もあるそうです。フルサイズをカバーするCP.2とAPS-C(スーパー35)をカバーするLW.2の二系統があります。
ここまで来ると先日発表されたマイクロフォーサーズベースのパナソニックのビデオカメラと合わせて、カメラなんだかビデオなんだか分からないことになってきました。
posted by ささき at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

DP2と御苑の桜 2010

週末は予想せず晴れ間も出たので、Sigma DP2をカバンにさっと詰めて外出がてら新宿御苑で撮ってきました。
時期的に咲く桜と地面に散る桜のバランスがよく絵になる感じでしたね。

DP2の高精細さが無数の花びらを質感豊かに表現しています。

sd2913.jpg     sd2934.jpg
Sigma DP2

DP2はモノクロでもなかなかいいんですが、こちらはSPP4.0でRAW現像した後にPhotoshopでモノクロ化しています。モノクロといっても実際はWarm Grey(温黒調)で処理していますのでグレイスケールではなく、RGBで表現しています。
SPP4.0はかなり早くなりましたね。プレビューにも使えるようになりました。

sd2922.jpg     sd2869.jpg
Sigma DP2

春の寒さで長かった今年の桜も今年はこれで終わりです。
今日会社に行くときに寒い雨が降って桜ももう終わりか、と思ったとき、黒い傘にひとひらの桜が舞い降りてきました。
とっても感覚的な情景だなと思って柄にもなく、俳句を考えようとして、「桜ひとひら」とか「舞い降りて」とか考えるんですが慣れてないんで句をひねれません。ならばカメラで撮ったらどう撮るか、ともちょっと考えました。
そこでふと考えてみると俳句とか短歌って言うのはカメラがなかった時代に自分の心象風景を表現しようとしたものかなあということです。
基本はなにかに感動して、それを自分なりに表現するということですね。
posted by ささき at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ Sigma DP1・DP2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

桜2010

今年は開花後に急にまた寒くなったり、強風が吹いたりと、桜にとっては散々な年になってしまいました。
今年は小田急江ノ島線沿線の千本桜に行ってきました。ここは川の両岸にたくさんの桜並木が並んでいます。

3710.jpg    3753.jpg
EOS-1DsMkII, EF16-35/2.8L EF70-200/4L IS

3761.jpg      3810.jpg
EOS-1DsMkII, VK50Rソフト EF135/2.8 ソフト
posted by ささき at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 花こよみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする