2011年12月11日

平林寺の紅葉2011

週末は新座の平林寺に行って来ました。もう紅葉も今年最後になります。
カメラは今回もPENTAX Qです。

IMG_7424.jpg
iPhone4S

実のところここ数年は平林寺はあまり良くなかったので主軸を本土寺に移してたんですが、今年は当たりだったようです。まず平林寺に行く道すがらの新座の散歩道が紅葉に囲まれた感がありなかなか素晴らしいものです。
この「世界」を写真として表現したいと思いました。

Camera : PENTAX Q, 01 Standard Prime, 02 Standard Zoom, 03 Fish- Eye

IMGP1506.jpg   IMGP1512.jpg   IMGP1465.jpg

IMGP1497.jpg   IMGP1491.jpg   IMGP1451.jpg

IMGP1458.jpg   IMGP1447.jpg   IMGP1504.jpg

IMGP1446.jpg   IMGP1430.jpg   IMGP1419.jpg

IMGP1381.jpg   IMGP1390.jpg   IMGP1413.jpg

平林寺はかなり巨大な敷地を持ってるのでなかを歩くと一時間はかかります。なかでも最近はもみじ山という一角が新設されていて素晴らしい散歩道になってました。

IMGP1511.jpg

この週末は散った葉を撮るくらいかと思ってましたが思ってたよりは撮れました。しかし今年の紅葉ももう終わり、あとは年の瀬となります。帰ろうとすると境内の一角に石が鎮座していました。君が代の歌詞に出てくる「さざれ石」です。

IMGP1523.jpg

さざれ石(細れ石)というのは特定の場所にある石ではなく一般的な石の種類で、小さな石が集まって結合して大きな岩となったものを言うそうです。東京近くでは鎌倉八幡宮にも置いてあります。
国歌論議では「君(天皇)の世」って言うところが取り上げられますが、そこをひとまず置いておくと残りの歌詞は日本人らしさを象徴していると言えるでしょう。
暮れようとしている2011年は東日本大震災・原発の大災害で日本にとって戦後最大の困難な一年だったと思います。しかしそこをひとりひとりは石のように忍耐づよく、そして皆が一つの岩のように結束して切り抜けたところを海外のメディアが賞賛するのはお世辞ではなくやはり日本人ならではの強みでしょう。
もしかすると2012年は今年の余波とかつてない円高などの影響でもっと厳しくなるかもしれませんが、このさざれ石のように日本人が一つに結束して切り抜けることを願ってやみません。
posted by ささき at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ PENTAX Q | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

本土寺の紅葉2011

紅葉の時期もピークを迎え、千葉の本土寺に行ってきました。カメラはPENTAX Qで軽快に行ってきました。

IMG_7389.jpg
iPhone4S

ここは紫陽花と紅葉で有名な四季の美しい寺です。
Camera: PENTAX Q, 01 Standard Prime, 02 Standard Zoom, 03 Fish-eye

IMGP1317.jpg     IMGP1338.jpg     IMGP1257.jpg

IMGP1291.jpg   IMGP1192.jpg   IMGP1327.jpg

IMGP1249.jpg     IMGP1304.jpg

IMGP1225.jpg     IMGP1190.jpg

軽いカメラで撮ると疲れないというよりもむしろ余裕ができて視野が広がるという感じですね。小さいカメラで工夫して堂々とした写真を撮るというのもまた面白いものです。
posted by ささき at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ PENTAX Q | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする