2012年02月11日

CP+ 2012

CP Plus 2012行ってきました。今年は話題のモデルも多いということで人の入りも多かったように思えますね。以降写真はCANON s95です。

IMG_1207.jpg    IMG_1208.jpg
Sigma DP2 Merrill

IMG_1210.jpg    IMG_1212.jpg
左DP2x、右DP2 Merrill

まず脇目も振らずシグマに一直線でDP2 merrill見てきました。私も良く使ってるDP2にSD1のセンサーを搭載した最強コンパクト。センサー自体もやや大きくなってレンズも再設計されてるので持った感じ大きく思います。でも旧タイプと並べて見るとさほどではないですね。
レンズは沈胴しません。その代わりにレンズ周りがフォーカスリングになっているようです。良い改良ですね。
また試作機ではありますがメニューなんかもきれいで早いし全体にシェープアップされてる感じ。DP2から販売しそう。DP2 Merrill用のレンズがミラーレス流用されてるのでその辺も関係してるんでしょうね。
SD1のMerrillとの違いはロゴだけだそうです。これはレンズシステムごと買わないといけないので保留。

IMG_1261.jpg    IMG_1280.jpg
PENTAX Q

今回からはペンタックスとリコーがならぶブースとなります。まあこうして見るとベクトルが似てると言えなくはないです。Pentax Qでは待ち望んだQの望遠ズームとボディキャップとして使えるレンズ。望遠ズームは聞いたけどスペック不明でした。ボディレンズはピンホールではなくレンズははまってるとのこと。

IMG_1195.jpg  IMG_1200.jpg  IMG_1198.jpg
Pentax K-01

K-01はマークニューソンデザインのデザイナーもの。ファインダーがありそうなデザインですが、ファインダーはなく液晶のみです。そのためコンパクトデジカメ風に両手で持って撮りますが、ミラーレスって言ってもKマウントで普通に厚みがあるのでちょっと違和感があります。実際に持って見るとブロックか箱持ってるみたい。それと少し重いかも。
ただ薄さで勝負するとソニーやパナみたいな家電メーカーに負けるので、カメラっぽくマウント資産で勝負というのはわからなくもないです。

このギネスに乗るような薄いパンケーキレンズは従来のKマウントカメラでも使えるそうで、後玉は当たらないそうです。またミラーレス専用設計レンズというのは考えてないよう。まあなんのためのミラーレスかと言うのは疑問が残らなくはないですね。

IMG_1224.jpg   IMG_1214.jpg
OM-D E-M5

こちらオリンパスのOM-D E-M5のブース。すごい人気でした。E-M5はカメラっぽいデザインが良いですね。見た目は一番かもしれません。ボディの質感も妙に60-70年代カメラっぽくて良く出来てます。

この前フィルムカメラ特集と言うことでカメラ女子雑誌をみたらF3とかローライフレックスみたいにアサヒカメラなみの本格的なカメラが紹介されていてちょっと驚きました。少し前ならフィルムカメラ特集というとホルガとかロモみたいにトイカメラでほわっと撮るのが主だったでしょう。ミラーレスは簡単って言って入った人が今度は写真面白いって言うのでより本格志向のものを選ぶんでしょうね。

IMG_1285.jpg   IMG_1219.jpg
左 X-Pro1、右 X-100ブラックモデル

こちら富士のX-Pro1。こちらはなんとなく実物を見るといま一つと感じました。量産品っぽくなった感じです。X100のブラックモデルの方が質感は良さそう。

IMG_1252.jpg   IMG_1248.jpg

シネマEOS C300はやはりプロ向けなんで興味半分ですが、カメラってもともとアマもプロも同じ機材を使うって言うところが良いところなんですが、シネマ系が出るとそうも言えなくなるという感じですね。もっともメーカーとしてはそこが利益率高いところでしょう。

IMG_1272.jpg   IMG_1276.jpg

ニコンではD800Eが3600万画素のプリントサンプルが展示されてました。画像は全体とその一部です。
SD1もそうだけど、このレベルになるともうレンズがついていかないように思える。そういう意味でも専用設計のDP2 Merrillは期待大なんです。

IMG_1229.jpg   IMG_1237.jpg
左ミラーレス用400/8、右Tマウント800/8

ちょっと面白かったのがケンコートキナーのミラーレンズです。フォーサーズ用もあってミラーレスにミラーがついたとかニュースになってました。ケンコーのはTマウントでアダプターを介してキャノンやニコンにも使えます。800mmでさえ軽くて持った感じも手持ちでもバランスとれます。ただマニュアルフォーカスのみ(F6.3でもモーターがそもそもない)で流鏑馬は無理だけどネイチャーは良さそうです。あとスナップに使っても面白いんです。
ちなみにミラーレンズは反射望遠鏡みたいなレンズで焦点距離の割にはコンパクトです。こちらは私が前にヤシコンのミロター使ってたときの作例です。左はリング状のボケに注目。右はその圧縮効果(望遠効果)の高さを見てください。

scan6021.jpg   towering3.jpg
コンタックス RTSII、ミロター 500/8

IMG_1264.jpg

いつも展示されてるんですが、JCII(カメラ博物館)コーナーです。JCIIは半蔵門にあってカメラ図書館も併設されて私も調べ物するときなんか使ってます。
これはいわば1865年の湿板時代のコンパクトカメラですね。ミラーレス・デジカメ時代のいまでなくても、昔からコンパクトカメラの要求はあったようです。ただしこの時代は露出時間が長いので手持ちは無理だったでしょう。そして手持ちでカメラマンが外で自由に撮るにはライカの誕生を待つことになります。
posted by ささき at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

冬の情景

この前雪が降った時に川崎民家園にいって写真を撮ってきました。
民家園はたびたび行くのですが、この辺にしてはめずらしい雪化粧がされた景色はまた格別です。

IMGP1616.jpg     IMGP1673.jpg


IMGP1697.jpg     IMGP1734.jpg


カメラ PENTAX Q, 02 Standard Zoom, 03 Fisheye
posted by ささき at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ PENTAX Q | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする