2013年07月17日

Magic LanternのCanon 5D3改造ファーム (dual ISO)

キヤノンのカメラのRAWビデオ出力などの改造ファームで知られるMagic Lanternが5D Mk3と7D用にダイナミックレンジを3段広げる画期的なファームを発表しています。
これは基本的には2枚の画像の合成を使用するようで、HDRに近いと思いますが、このファームで画期的なのは一回の露光でこれができるということです。そのため、被写体プレなどはないので高速の被写体でもOKです。
これはdual ISOと呼ばれ、ISO100とISO1600の二通りの画像を2ラインおきのインターレーススキャンで読みだすようにしているようです。そのため解像度は半分になるよう。なぜ2ラインかと言うとRG/GBのベイヤーパターンを保持するためです。これにはISO1600は増感の扱いになるため2通りの設定を同時に使うには、ISOアンプが二個ある5D Mk3と7Dだけなので二機種だけの対応となるようです。
なかなか興味深く、ファームの変更でここまでできるという点が面白いですね。
posted by ささき at 23:12| Comment(1) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

SONY RX1、GoProと清里の休日

少し前に行ってきた清里の写真をアップします。
まずはSONY RX1の写真から。瑞々しい新緑のまぶしさがよく再現されていると描写だと思います。

01501.jpg   01470.jpg   01444.jpg
SONY RX1

RX1はモノクロカメラとしての魅力もあります。

01743b.jpg   01629.jpg   01576.jpg
SONY RX1

今回もメインの目的は乗馬の外乗(遠乗り)です。
はじめに下のように馬場で慣らしをしてから右のように森の中に騎乗して入っていきます。

IMG_0021.jpg     IMG_0023.jpg
iPhone5

これはGoPro2で撮った写真です。GoPro2も動画用ではありますが、静止画もなかなかきれいに撮れます。この辺は超広角専用カメラとしても面白いところ。ただ使っているうちにケース内に曇りが生じるのが難点です。

GOPR0366.jpg     GOPR0373.jpg
GoPro2

今回乗った馬はラッツというサラブレッドです。サラブレッドにしては山野でもしっかりとした足取りでしたが、なかなか大きくて乗るのには難儀しますね。

GOPR0431.jpg     GOPR0449.jpg
GoPro2

下左は高原の朝。ゆっくりするのもいいんですが、清里に行ったからにはいろいろと動き回りたくなります。下右は森の中に突如出現する清里写真美術館、K MoPAです。この日はヤングポートフォリオ展をやっていました。ヤングポートフォリオ展は世界中の若手カメラマンの作品ですが、通してみると日本では人を撮るのは難しいかなという感じがします。バングラデシュとかインドのカメラマンのは喜怒哀楽と生死が切実で明確です。そういう面からやはり日本は満ち足りた国かなと思います。

IMG_0053.jpg    IMG_0037.jpg

清里の食は今回は中村農場で攻めてみました。まず卵かけご飯定食です。ここは濃厚で新鮮な卵が魅力的です。

IMG_0003.jpg     IMG_0004.jpg
iPhone5

これは中村農場のラーメン。鶏ガラスープが美味いですね。右は甲斐シャモの唐揚げ。こっちもしっかり味が詰まってます。

IMG_0048.jpg     IMG_0047.jpg
iPhone5

次は清里の温泉シリーズ。こちらはいつも行っている天女の湯で、森の中の露天風呂が良い感じ。泉質も良く、向こうに行ったときはぜひ立ち寄ることを勧めます。

IMG_0028.jpg     IMG_0029.jpg
iPhone5

こちらは秘境感もたっぷりの温泉、増富ラジウム温泉です。行くまでがバスとギリギリすれ違うような箇所がある道をひたすら走って清里から40分ほど、ここはラジウム温泉というよりもぬる湯としてユニークです。
中にはいくつかの浴槽が37度、35度、30度、25度と温度で別れています。またなぜか温泉でなく水沸かしの42度の普通のお湯もあります。37度ですでにぬる湯で、35度だとかなりぬるい感じ。30度は水かと思うくらい。でも25度はもう30度と変わらない気合ではいります。25度は寝湯になって胸に負担がかからないようになってます。たまに42度のお湯であったまるのが良いかもしれません。
35度がメインか人気が高く、慣れるとこれが気持ち良い。口を開けたまま寝てるひと、半分顔を沈ませて寝てる人など、時間を忘れて入れます。あがってからも独特の爽快感があり、くせになりそうな温泉でした。

IMG_0061.jpg     IMG_0062.jpg
iPhone5

さて、次の乗馬行はところ変わって富士山のふもとの予定。世界遺産にわく富士山でまたなにが待ち受けているのか。。楽しみです。
posted by ささき at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ SONY RX1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

Carl ZeissがZEISSにブランド変更

カールツァイスがブランド名をCarl ZeissからZEISSに変更します。ZEISSの方がすべての国で通りが良いですし、Carl Zeissよりも明快にブランドを浸透できるとのこと。
http://blogs.zeiss.com/photo/en/?p=4150
またツァイスの製品群(マイクロスコープなど)ではむしろZEISS銘が多いのでそれに合わせたというのもあるようです。カメラレンズの場合は歴史が長いので、むしろ例外的であったようです。ブランドの東西分裂などがありましたね。
2011-2012にかけてブランドの再定義などを社内で行ったようですので、新ネーミングのtouitもその時の産物でしょう。

レンズの正面からも見た銘版にもZEISSと打たれます。これはtouitから適用されるようで、現行のCarl zeiss銘のtouitは希少価値が出るのではないかということです。
カールツァイスは創業者の名前ですが、ツァイス財団にとって重要な人物はむしろエルンストアッベですからフルネームにこだわる必要もないですね。
posted by ささき at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする