2013年08月21日

フィルムカメラをデジタル化するアダプター

10年ほど前、デジタルカメラの黎明期にEFS-1というパトローネ+フィルムストリップ形状のCCDセンサーを擁した、フィルムカメラを手軽にデジタル化するというアダプターがありました。
下記リンクにこのEFS-1に関しての興味深い記事があります。
http://www.f-stopeight.com/converting-film-cameras-to-digital-efs-1-the-technology-that-almost-was/
サンプル画像を見ると当時としては悪くないですね。EFS-1はクロップ(倍率)は2.58倍で130万画素のセンサーを搭載していました。

筆者はクラウドファンディングでこういう製品があったらいいのに、と書いてますが実際になんとEFS-1に似たデジタルアダプターがクラウドファンディングのindiegogoに登場してます!
プロトタイプは1/2.5センサーですが、面白いことに成功投資によってセンサーサイズが上がります。
http://www.indiegogo.com/projects/digipod
2000人投資だと1インチサイズ、5000投資だとフォーサーズまで上がるそう。投資メリットは特別カラーのモデルで額は199フラン(UKの人です)。またISO感度などの設定はカメラにいれる前にしておきます。

EFS-1が失敗した理由ってさきのブログによると技術的な問題、特許問題、また運営流通の問題もあったようです。indigogoみたいにクラウドファンディングだと同じ轍を踏みそうで怖いところもありますね。
やはりちゃんとしたメーカーにやって欲しいところです。それこそSONYあたりがこういうの作って欲しいですね。まあSONYに関してはフィルムカメラ資産がミノルタのわずかなものしかないのでフィルムカメラ復活の情熱はわきにくいと思いますが、キヤノン・ニコンは作るわけないし、オリンパスリコーあたりはどうかと思います。あとライカとか。ライカはRでDMRっていうデジタルバックを作ってますからね。M向けにもこういうデジタル化アダプター作って欲しいですね。
posted by ささき at 21:34 | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

三島の流鏑馬(武田流) 2013

今日は三島に流鏑馬を撮りに行ってきました。三島の例大祭の一環です。
カメラはEOS-1D MkIIIとEF70-200/2.8L、16-35/2.8Lです。

1982.jpg     1969.jpg     1977.jpg

射手の表情を撮るには望遠に2xテレコンを使ってアップで撮ります。近距離を超スピードで通り過ぎるのを撮るのに慣れるのはやっと後半になってからです。かなり難しい被写体です。

1975.jpg     1976.jpg

こちらは広角で流し撮りにしています。こちらはきちんと流し切るという基本を守るのが超スピードの流鏑馬を撮るには必要です。

1898.jpg     1899.jpg

朝行くと若手の練習をやっていました。そこでiPhoneで試しにとってみました。iPhoneでもこのくらいは意外と撮れちゃいますね。

IMG_0990.jpg     IMG_0989.jpg

三島というと水がきれいでウナギがおいしいところです。こちらは「本町うなよし」が改名して「本町すみの坊」と名が変わっていました。一澤頒布のように店名争いがあったのかも。

IMG_1004.jpg

ウナギを食べたら次は温泉、熱海に寄りました。熱海では駅前に良い温泉があって2分で駅から温泉に行けます。泉質も結構良いと思いますが、海の方の塩辛い温泉より、こちらはちょっと山の温泉に近いかもしれません。

IMG_1010.jpg     IMG_1014.jpg
posted by ささき at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする