2008年12月09日

本土寺の紅葉とDP1

週末は鎌倉の予定していた場所が今ひとつそうなので、常磐線は北小金にある本土寺に行って来ました。もう時期はすぎてますが新しい場所を開拓するため、来年のためのロケハン感覚でDP1ひとつで行って来ました。

紫陽花で有名な寺ということですが紅葉も素晴らしく、ピークはだいぶ過ぎていたもののかなり楽しめました。境内のあちこちに少しずつお堂や廊下などポイントがあって紅葉を絡めてヴァリエーション豊かに撮れます。


sd0409.jpg    sd0427.jpg    sd0433.jpg

sd0436.jpg    sd0446.jpg    sd0465.jpg

sd0480.jpg    sd0493.jpg    sd0528.jpg

sd0536.jpg

Sigma DP1

ロケハン方々で初めてのところなので、中をぐるぐると三時間くらい光線の具合が時間につれてどのように変わるのを確かめてメモ撮りのように撮って行きました。逆光になるケースが多いんですが自分的にはかなり好みの光の入り具合ですね。
posted by ささき at 20:48| Comment(4) | TrackBack(0) | __→ 花こよみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も今年本土寺でDP1を使って撮影しましたが…
…脱帽です。
とても同じ機材、同じ場所とは思えません(汗)

モノクロの写真は池の落ち葉でしょうか?
DP1のキレのよさで、浮いた落ち葉と沈んだ落ち葉がキッチリと描写されて、凄まじいまでの立体感ですね。
Posted by 叢雲 at 2008年12月10日 23:55
コメントありがとうございます。
かえって人がいない時期だったので撮りやすくてよかったのかもしれません。

モノクロの写真はその通り池の落ち葉です。これはSPPで彩度を落としただけです。ちょっとシャッター速度は怪しいんですが、なんとかものになりました(^^
Posted by ささき at 2008年12月11日 00:17
大変落ち着いた雰囲気の紅葉シーンを楽しませていただきました。
紅葉はこういう風に撮るんだ、と勉強になりました。
鎌倉、北鎌倉と巡ってきたのですが、こちらを拝見してから行けばもっと良いものが撮れたのにと
悔やまれます。
Posted by otafuku at 2008年12月15日 07:14
otafukuさん、コメントありがとうございます。
今年は鎌倉も色がいまひとつでしたね。その辺はわたしも残念です。大山はよかったのですが、今回いろいろと関東近辺といっても東京の周りだけですが巡ってみても、紅葉の出来は場所でいろいろ違うというのが分かり勉強になりました。
また来年も紅葉の季節が楽しみです。
さて冬枯れの時期にはなにを撮りましょうか。。
Posted by ささき at 2008年12月17日 21:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック