2009年03月03日

Sigma DP2カタログとレンズ

DP2のカタログをダウンロードしてみるとこちらのサンプルもなかなかに素晴らしいものです。
やはりまずレンズが今回はとてもよいようですね。カタログにはレトロフォーカスタイプであると書かれていますが、これは主に平坦性を高めるためと説明されています。本来今回のレンズは大口径化を狙っているので、それに有利なガウスタイプと思っていましたが、さらに斬新なところを狙ってきました。
これを見るとわたしは以前書いた非球面ズミルクスを思い出します。こちらの記事です。
http://www.asahi-net.or.jp/~eg3y-ssk/photo/leica/m35f2asph/
ただこのタイプはSigmaのカタログにもありますが、全長が長くなってしまうので、コンパクトにするためには後ろにマイナスパワーを持ってくるための凹エレメントが必要になります。
DP2のレンズもやはり大きな凹エレメントを持っていて、それがリアフォーカスで動きます。このようにエレメントの一部が動くタイプのレンズについては下記のEF180マクロの記事で少し書いています。
http://www.asahi-net.or.jp/~eg3y-ssk/photo/tstar/digital/ef180/index.htm

またズミクロンとは異なり、非球面は絞りから離して配置されています。これはズミクロンやズミルクスほど口径がさほど大きいわけではないから、球面収差以外のところに振り向けるということでしょう。
非球面のみならずDP2のレンズは特殊レンズもふんだんに使われているようで、カタログを読んでいるととてもコンパクトカメラのレンズとは思えません。ひさしぶりに興味を引くレンズです。
さて、楽しみになってきました(^^
posted by ささき at 23:40| Comment(4) | TrackBack(0) | __→ Sigma DP1・DP2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして^^ Music TO GO から飛んできました!
ここを見ていていつも思うんですが、一眼レフの画質ってコンパクトとは圧倒的に違いますね〜
学生なので、一眼レフにはなかなか手を出せないんですが、いつか挑戦したいと思ってます〜

DP2、入門にはどうなんでしょうか?
Posted by めめたん at 2009年03月06日 19:45
DP2でもプログラムモードで撮ればそれなりに初めてでも使えますが、使いこなすのは難しいでしょう。
はじめは一眼レフで初めて基本を身に付けることをお勧めします。
Posted by ささき at 2009年03月07日 01:28
ちわ!
ご無沙汰であります。
仕事が暇なので、桜の季節が終ったら
オフでもしましょうか(笑)
Posted by にこらい at 2009年03月09日 22:52
ども!
そうですね、またどこか行きたいですね。
新緑とか、、
Posted by ささき at 2009年03月10日 07:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。