2009年03月29日

PIE2009

今週は桜と重なるかと冷や冷やしていましたが、桜の方はやや足踏み状態ということでPIE2009に行ってきました。

今回はなんといってもSigma DP2を触りたかったというのがメインの目的です。
メニューは再設計されていて、よく使う機能のショートカットなどが合ってかなり使いやすくなっています。

IMG_0701.jpg IMG_0705.jpg

今回レンズが新しくなったことでフォーカスあわせが気になりますが、まずオートフォーカスも悪くないと思います。ちなみに最短ではIXY25が下の写真くらいに写ります。

しかし今回の収穫はDP2ではマニュアルフォーカスが大幅に見易さが向上したことが分かったということです。
いままではMFではほとんどフィルムカメラの目測並みでしたが、DP2ではMFフォーカスダイヤルをまわすと液晶上でピント送りが分かるようになり、ピントの山がよく分かります。
これは被写体の倍率があがったことと、レンズの深度によってDP1よりもはるかにピント位置がつかみやすくなっています。これなら使えるという感じですね。かなり楽しみです。

IMG_0706.jpg

ちなみにシグマではフォビオンの試作機が展示されています。
これは前にニュースでは見たことがありますが、はじめて実物をみると意外と大きいのに驚きます。

IMG_0736.jpg

次の期待はマイクロフォーサーズのプロトタイプですが、謎のベールがかぶされたものが展示されていました。これ、説明する人によって話が違いますが本当は...


IMG_0699.jpg

タムロンはデジタル専用の60/2.0マクロと18-270ズームというなかなか面白いものを出してきましたが、これはフィルム時代のタムロンの名玉である90/2.8マクロとタムスパをデジタルに焼きなおそうとするものでしょうね。

IMG_0715.jpg      IMG_0710.jpg

キヤノンでは17mmTSもみたかったんですが、あまりに人が多くてちょっと無理でした。しかし垣間見た実物はかなりでかかったですね。


フジの6x7フォールドカメラ、GF670のサンプルのポジをルーペで見て、やはりリバーサルはプリントよりライトボックスで見るのがいいとまた思いましたけど、このコダックが参考出品していた有機ELのフォトフレームをみるとデジタルはプリントよりこういうので見るのがいいという感じですね。これは約$1000ということです。

IMG_0718.jpg

ツァイスというよりはコシナブースでは新作のD21とD18を出していましたが、P50/1.4とP85/1.4は基本的にヤシコンを踏襲しているけれども、D21とD18については新設計とのことです。しかし高すぎて、、

IMG_0722.jpg

今年はオーディオ関係のフェアやPMAが低調だったのでもPIEも期待できないかと思いきや例年とあまり変わらないくらいだと思います。
ただリコーが出展取りやめしたり、世相の影は落としているようですね。
posted by ささき at 00:15| Comment(2) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イベント参加お疲れ様です。
DP2ですが、
マニュアルフォーカスがしやすいと言うのは朗報ですね。

フィルムに関してはペンタックス67が撤退したのが、
ユーザーとしてはショックです。
…まぁ67はいつか切られるとは思ってましたが(汗)

リコーはあれあれ…と言った感じですね…
不況と言うとひっそりとチノンが倒産したみたいですが、
…この会社…まだあったんですね…(汗)
Posted by 叢雲 at 2009年04月01日 21:23
DP2については使う気にさせてくれそうですが、ちょっと桜には間に合いませんでした。
Posted by ささき at 2009年04月03日 00:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック