2006年02月13日

PTLensの実例

PTLensの効果をシグマDC18-200で撮った画像を例にしてみます。
こうした高倍率ズームなどに収差除去ソフトを組み合わせるというのがこれからのデジタルの可能性を示す一つのパターンになりそうな気がします。

sample.gif

この画像はクリックするとアニメーションGIFで使用前・使用後を繰り返し表示します。
「オリジナル」の写真はKiss Digital NとSigma DC18-200mmズームで撮ったもので、そのテレ端です。
糸巻き型の歪曲が発生しています。また右側の光の当たったコントラストの高いところには白い部分との境に色収差のフリンジが出ています。
それをPTLensで修正したものが「補正後」です。歪曲が取れて色収差もなくなったことによりすっきりとした画像になっています。

歪曲はほぼ自動で取れますが、フリンジはスライダーで調節して取ります。
*画像は20%縮小しています。
posted by ささき at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ PTLens (電子的収差除去) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック