2010年04月14日

ツァイスがシネレンズを一眼レフマウントに

カールツァイスがシネレンズをデジタル一眼レフマウントに移植するというプレスリリースが出ています。

http://www.dpreview.com/news/1004/10041300carlzeisscp2lw2.asp

つまりEFマウントやFマウントで(マウントアダプタなしで 笑)シネレンズが使えるということになります。
これは最近流行のHD動画が撮れるデジタル一眼レフで映画を撮ることを狙ったものようです。(コンシューマー向けではないと思いますが)
F値ではなくT値で明るさは表現されてますが、なんと絞り羽は14枚もあるそうです。フルサイズをカバーするCP.2とAPS-C(スーパー35)をカバーするLW.2の二系統があります。
ここまで来ると先日発表されたマイクロフォーサーズベースのパナソニックのビデオカメラと合わせて、カメラなんだかビデオなんだか分からないことになってきました。
posted by ささき at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック