2011年09月13日

PENTAX Qと古民家

PENTAX Qの撮影も調子が出てきたので、川崎生田緑地の民家園で撮ってきました。古い民家を質感豊かに撮ろうと思いました。

IMG_2902.jpg

上のPENTAX Qの画像はiPhone4ですが、下はすべてPENTAX Qの画像です。上の小さなカメラがこの堂々とした画像を撮ったというのはなかなか面白いことです。

01 STANDARD PRIMEについては文句をいうことがないくらいの性能です。時の重みというのを感じさせてくれるのに十分に質感豊かに描いてくれます。

IMGP0186.jpg      IMGP0142.jpg      IMGP0227.jpg

IMGP0150.jpg      IMGP0195.jpg

03 FISH-EYEでは一味違う視点の絵が撮れます。
合掌作りの背の高い民家の上を飛行機雲が通過する写真では魚眼を使いましたが、普通魚眼レンズをお散歩スナップで持ち歩くと言うことはないので、こうした機会を捉えられるのは面白いですね。魚眼に手ぶれ補正がつくということもないので、室内でボディ内手ぶれ補正が使えるのも良い点です。

0168.jpg      IMGP0190.jpg

今回は古い民家を表現するのに意図的にモノクロと、カラーでモノトーン調という具合に分けて絵を作りました。カラーで色彩を抑えたモノトーンで表現すると言うのはモノクロともまた違った味わいがあります。光の表現も今回のポイントのひとつです。
こうした真面目な絵作りを考えさせてくれるというのは、PENTAX Qのポテンシャルの高さと言うのを思わせてくれます。小型ながら真面目に取り組みたくなるカメラでもありますね。


posted by ささき at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ PENTAX Q | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。