2006年08月27日

宮城にて

先週後半から週末にかけて帰省で宮城にいました。
仙台もすっかり牛タンの街というイメージが定着したようで仙台駅構内に「牛タン通り」なるものがあります。わたしが子供のころは仙台はそんなに牛タンの街という感じではなかったような気がしますが、ご当地ブームの流れでしょうか。
そういうわけで駅には牛タン専門店が並んでいます。さてどれにするか迷いますが、一軒だけけっこう人が並んでいるところがあったのでそこに決定!(笑)

blog_sendai1.jpg

たんや利久」という店です。さすが西新宿あたりで食べる牛タンとは厚みとうま味が違いますし、東京の焼き肉屋で出る牛タンとも違います。まさに牛タン料理という感じです。
ただちょっと油っこくて胃にもたれる気はします。濃い味はさすが東北ということで旅情を味わいます。
と、ひとごとのように書いてますが、これは帰省なのでほんらい帰ってきた訳ではあります。しかしもうわたしがいたころとは仙台も雰囲気が違うのでよその街に来たという感じです。ちょっと街を歩いても店はみないまは中央資本の店なので、どこか大宮とか千葉を歩いている気さえします。
とはいえ杜(もり)の都と称される仙台の街路の緑は健在で、陽のひかりに照り映えます。

blog_sendai2.jpg
これは定禅寺通りです(写真はすべて携帯)

うちは仙台からさらに少し離れますが、田んぼの稲もほどよくこうべを垂れていて今年の秋の豊作をちょっと感じました。
しかしこっちはもう秋のひやっとした空気に入れ替わりつつあり、一足お先に秋の風を感じて来ました。
posted by ささき at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 日記・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。