2012年08月20日

DP2 Merrillで撮るF-22 ラプター

米空軍横田基地の基地祭にいってきました。目当ては今回公開された最新鋭機F-22"ラプター"をDP2 Merrillで撮るためです。最新鋭といっても、あまりの価格高騰のためすでに生産は終了し、米国以外での採用の見込みもない孤高の存在となっています。

SDIM0910.jpg   SDIM0899.jpg   SDIM0914.jpg

ラプターの特徴はレーダーに映りにくいステルス性、アフターバーナーなしでの超音速巡航(スーパークルーズ)、推力変更ノズルによるSTOL・高機動性能などがあります。ただこうした特徴を知らずに一目見ただけで、いままで最高と思っていたF-15やF-18などに比べても、まったく一世代異なったものということがわかります。ステルス性向上のために滑らかにされた表面の質感やスタイリングのカーブはかなり独特な存在感を放っていますね。
さて、フォビオン4600万画素のDP2 Merillはどこまでそれに迫れたでしょうか。

DP2 Merillの金属の再現力に関しては下の大型輸送機C-17で撮ってみたエンジンと開いたカウルの質感再現性も息をのむほどです。

SDIM0921.jpg     SDIM0949.jpg

横田基地では飛行展示があまり行われないのですが、地上展示は充実しています。また航空自衛隊(JASDF)からも展示機が参加しています。私みたいに飛行機好きには広大なエプロンがテーマパークのように見えますね。

SDIM0872.jpg   SDIM0875.jpg   SDIM0862.jpg 

F-18、F-2(JASDF)、A-10

SDIM0880.jpg   SDIM0971.jpg   

RF-4(JASDF)、A-10

SDIM0988.jpg   SDIM0955.jpg

F-15、E-767(JASDF)

下は横田基地内飛行クラブのセスナ172です。ペイントが面白いアクセントです。ちなみに登録ナンバーはN(アメリカ)のままでした。ただNナンバーでも特に制限なく飛ぶことができるということです。横田では基地内に飛行クラブがあるのがちょっとうらやましく思います。

私もアメリカにいたころは知り合いが172を持っていてよく乗せてもらっていました。飛行機は対地速度と対気速度というのがあるんですが、セスナあたりは向かい風で飛ぶときは対地速度でいうと下のハイウエイを走っている車とあまり変わらないんじゃないかという時もあります。でも目を起こして手が届きそうな雲と輝く水平線を見るとき、空を飛ぶっていうのは格別な魅力のあることだなと思います。

SDIM0994.jpg     SDIM0995.jpg


米軍基地祭の楽しみは文字通り直輸入のアメリカ飯が食べられるところです。下のステーキは$12(1200円)でした。ただアメリカ飯はやはり横須賀がよいですね。ギャートルズの肉みたいなのが食べられます。また横田の場合はここで満腹になるより、帰りに立川で陳マーボを食べるおなかの余裕も残しておきたいところ 笑。
(以下写真はiPhone)

IMG_8196.jpg     IMG_8125.jpg

posted by ささき at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ Sigma DP1・DP2・DP3 Merrill | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック