2012年09月02日

DP2 Merrillと江戸東京たてもの園

横浜山手に続いてSigma DP2 Merrillで室内を撮ってみようと、江戸東京たてもの園に行ってきました。
ホームページはこちらです。
http://www.tatemonoen.jp/
「江戸東京たてもの園」は東京の古今の代表的な家屋や建築物が移築されて保存してあるところです。名に「江戸」がついているのは江戸東京博物館の姉妹館だからであって、所蔵してある建物は昭和初期など近代のものが中心です。

ここでは室内に差し込む光にポイントを当てて撮ってみました。ピアノなんかは特にDP2 Merrillの質感再現力の高さが際立っています。


SDIM0726.jpg          SDIM0821.jpg


SDIM0749.jpg     SDIM0785.jpg     SDIM0832.jpg


このたてもの園の虫のキャラクターは宮崎駿氏のデザインなのですが、たてもの園は「千と千尋の神隠し」の一部イメージのモデルとなったことでも有名です。例えば上の風呂はあの千と千尋の神隠しに出てくる湯屋のモデルとなった建物の内部です。
posted by ささき at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | __→ Sigma DP1・DP2・DP3 Merrill | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Posted by 履歴書 at 2012年09月09日 11:02
コメントありがとうございます!
Posted by ささき at 2012年09月16日 23:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/289896733
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック