2006年12月16日

ドトールのオールドビーンズ

さて、前にドトールが2004年ワールドフードショウで金賞を取ったという「ドミニカン・ブラックパール」のことを書きましたが、最近出たドトールの「オールドビーンズ」もなかなか気に入ってしまいました。
まず「3年熟成、蔵出し」というコーヒー豆らしくない(笑)コピーに惹かれてしまいます。「ブラジルミナス州で収穫された豆をじっくり熟成させることで、豆の持ち味が深みを帯びて進化しました」ということです。

豆自体はあまり深煎りには見えません。わたしは手挽きミルで挽いた後に抽出はペーパーフィルターを使いますが、まずお湯を注いだときの泡立ちが違います。はじめに蒸らすために少しだけ注ぎますが、普通の豆と挽きを同じにしても豊かにあわ立つさまが気持ちよく感じられます。

はじめは量が分からなかったので直前に飲んでいたマカダメドウズくらいの量で作ってみるとちっょと薄いという感じもしますが、飲み進めると上品さとまろやかさがあります。この辺が熟成のゆえでしょうね。
それから今日まで何回か作ってますが、量を加減すると適度な苦味もあってバランスも良く感じられます。
他の豆よりちょっと高めだったと思いますが、なかなかお勧めです。
posted by ささき at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 日記・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。