2006年12月28日

Sony光学開発陣によるツァイスレンズのコメント

下記のITMediaのページにSONYの光学開発者の方たちによる新しい時代のツァイスレンズについてのコメントが載っています。

http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0612/27/news013.html

若い技術者の方たちの伝統を踏まえつつも新しい時代のレンズを出していこうという気概が見られて頼もしい限りです。85mmや135mmのところのコメントも興味深いですね!
わたしもこの大口径の135mmはかなり興味あります。STF135とともにいつか使ってみたいレンズです。
この二本のためにアルファボディを買うというのもありですが、もう少し進んだカメラボディもほしいところです。
posted by ささき at 14:04| Comment(4) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ささきさん、こんばんは。
MiMoFaです。
リンク先、読みました。
AFレンズとしてはZAレンズでツァイスは行くようですね。
85mmは評判も良く品切れが続いているようですね。
α100も良いボディですが、やはりこれらの大口径レンズには、α7digital相当以上の上級ボディが似合いそうです。
ソニーの切り札としてのα1???に期待の来年2007年であります。
では、失礼します。
Posted by MiMoFa at 2006年12月31日 23:12
開発陣、若くはないと思いますが…(笑)
Posted by nigel at 2007年01月01日 23:41
Nigelさん、どうも!
わたしも若いつもりでしたのでそう思ってしまいました(笑)
Posted by ささき at 2007年01月02日 20:43
あけましておめでとうございます。
お久しぶりでございます。

えー、やってしまいました。そのうちSTFと比較するつもりです。
いいボディ(ファインダー、ローパスフィルター、レリーズレスポンスに優れるボディ)が欲しいですねぇ。
Posted by ぶ at 2007年01月03日 17:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック