2017年04月16日

秩父の桜

この週末は北上する桜を求めて、秩父に桜を撮りに行ってました。
ここはしだれ桜で有名な清雲寺です。桜はソフトフォーカスで撮るのがよく似合います。しかし久々にいったら西武線が秩父線に直通になっていたり駅前が様変わりして驚いてしまいました。

IMG_5683[1].jpg  SDIM0873[1].jpg

IMG_5641[1].jpg  IMG_5655[1].jpg

IMG_5647[1].jpg  IMG_5704[1].jpg

SDIM0926[1].jpg

ここの神社の神楽はまさに桜の花吹雪の舞う中で行われていて、素晴らしいものでした。なんだかタイムスリップした感もあり、時代を経ても変わらぬ日本人と桜の関係を改めて考えさせられました。
posted by ささき at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 花こよみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月27日

白い彼岸花

花のお寺である常泉寺で白い彼岸花を撮ってきました。彼岸花というと赤いものですが、最近では白い花も増えてきています。
白い花はハイライトの光がきれいなのでソフトフォーカスのレンズを使用して光のにじみを生かして撮ってみました。
カメラはEOS-1DsII、EF135/2.8 Soft,VK50Rです。

_V7N6013[1].jpg    _V7N6119[1].jpg

_V7N6051-1[1].jpg  _V7N6057-1[1].jpg  _V7N6078[1].jpg
posted by ささき at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 花こよみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

今年初撮り

今年もいつもの冬牡丹で初撮りを行いました。

02284.jpg
SONY RX1

3052.jpg     3054.jpg
iPhone5s + MySketch App


posted by ささき at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 花こよみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

本土寺、平林寺の紅葉 2013 SONY RX1、Sigma DP3M

この週末はいつも行っている千葉の本土寺と新座の平林寺に行ってきました。
しかし、残念なことにどちらももう終わりがかっていました。今年は紅葉の時期が短いような気もします。

2507.jpg     2500.jpg
iPhone5

今回もSONY RX1とSigma DP3Mで撮ってきました。こう撮りたいという意図の通りにどちらもすばらしい絵をたたき出してくれます。

0252.jpg   0245.jpg   0244.jpg
Sigma DP3M

0208.jpg   0220.jpg   0236.jpg
Sigma DP3M

0152.jpg   0132.jpg   0129.jpg
Sigma DP3M

2186.jpg   2196.jpg   2155.jpg
SONY RX1

2243.jpg   2215.jpg
SONY RX1

2262.jpg   2198.jpg
SONY RX1

さて、今年の紅葉はもう終わりです。今年は撮りおさめをする時期となってきました。今日から師走、早いものです。

2504.jpg
iPhone5















posted by ささき at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 花こよみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月24日

森林公園の紅葉2013 SONY RX1、Sigma DP3M

週末は埼玉の森林公園での紅葉を撮りに行ってきました。
森林公園と言っても昭和記念公園よりさらに広い巨大なのですが、その中のカエデ見本園にいつも行っています。ここはさまざまなカエデの品種が集まっているところです。下はカエデ見本園の全景です。

IMG_2399.jpg
iPhone5+AutoStitchアプリ

今回のメインカメラは下のSONY RX1とSigma DP3Mを使用しています。RX1はコンパクトながらフルサイズの35mm、DP3Mはフォビオン採用のAPSサイズで75mm相当とあわせて35mmの広角と75mmの中望遠をカバーできます。またこれらはどちらも現在最高画質クラスのデジタルカメラですが、それぞれに個性もあります。

IMG_2405.jpg     IMG_2404.jpg
iPhone5(左はSONY RX1、右はSigma DP3M)

Sigma DP3Mはフォビオンによるローパスレス・カラーフィルタレスによる超絶シャープネスが特徴です。そのシャープさはDP1/DP2よりもさらに磨きがかかっています。発色もなかなか独特のものがありますね。

0030.jpg     0018.jpg
Sigma DP3M

0050.jpg     0082.jpg
Sigma DP3M

SONY RX1はフルサイズによるトーンの豊かさとツァイスレンズの端正な写り・鮮やかな発色を特徴としています。レンズ一体型を上手に性能に生かしていて、おそらくこれ以上の上質さは一眼レフでもなかなか得られないでしょう。

2035.jpg     2029.jpg
SONY RX1

2012.jpg     1986.jpg
SONY RX1

1933.jpg
SONY RX1


直にカエデ見本園に行くのは西口が便利なのですが、南口までの一帯には広い森林が広がっていて、こちらもさまざまな写真を撮ることができます。

2088.jpg     2117.jpg
SONY RX1

0115.jpg
Sigma DP3M

2044.jpg     2108.jpg
SONY RX1

2061.jpg
SONY RX1

森林公園ではセグウェイの体験ツアーもやっていて、公園内を走っているところをよく見かけます。セグウェイで紅葉を眺めていくのも良いですね。
http://ryufo.kilo.jp/yume_plan/
IMG_2395.jpg

posted by ささき at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 花こよみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

昭和記念公園の紅葉 2013、SONY RX1とQX100とiPhone

週末は立川の昭和記念公園に今年初の紅葉撮りに行ってきました(実際は先週の富士山行でも撮っていますが)。
場所は昭和記念公園内の日本庭園という場所で、ここは首都圏でもいち早く紅葉が見られるところです。昭和記念公園は黄色のイチョウ並木で有名ですが、むしろ日本庭園の方がきれいな紅葉が楽しめます。

DSC00601.jpg     DSC00548.jpg
QX100+iPhone5

上はSony RX1と鳥井ストラップです。鳥井ストラップは本革製のハンドメイドで、注文から入手まで半年かかりました。鳥井ストラップはこちら。
http://www.toriikoubou.jp/CameraStrap/que-a-bb.html

今回のメインカメラはSONY RX1です。RX1の良いところはとにかく上質にきれいに写ると言うこと、です。最近ソニーのカメラが多くなってきましたが、ソニー・ツァイスの絵は抜けが良く濁りのない発色と高い透明感が特徴です。私はアナログカメラのフィルム時代にはヤシコン使ってたんですが、ソニーのカメラ(レンズ)も、まず収差がどうこうというよりもやはりT*コーティングの良さは実感できます。フィルムの時もそうですが、レンズにおいては光学設計や硝材とともにコーティングがとても重要です。

紅葉は中望遠で切り取ることが多いのですが、RX1の35mmでもけっこう紅葉撮れます。ただし接近戦を挑まないといけないので、こういう混んでる時は気を使います。

立川昭和記念公園のイチョウ並木。 ちなみに並木の上が四角く切り取られているのは近くの飛行場の空域制限のためです。

IMG_2295.jpg
QX100+iPhone(Auto Stitchアプリ)

とにかく昭和記念公園は広いので、イチョウ並木のある門から日本庭園までは歩いてもかなり疲れます。

1885.jpg     1895.jpg
RX1

またここはきれいな池や水のせせらぎがきれいなところで紅葉も一層映えます。水底の石も写ってますね。

1899.jpg     1937.jpg
RX1

下の夕景の紅葉と池の写真からはRX1が誇る画像均質性の高さが分かると思います。通常のレンズでは端の画質は中央より劣ることが多いのですが、RX1は光学設計だけではなく、レンズカメラ一体型を活かして個体ごとにレンズとセンサーの像面を調整して画像の均質性を高めています。端から端まできれいですね。

1950.jpg
RX1

iPhoneではレンズカメラQX100と、iPhone単体でTrueHDRで撮ってみました。
QX100に関しては紅葉のように混みあった画面になると転送量が増えるのかアプリのプレビューが動かなくなったりします。メモリ解放してもだめですね。ショウでレポ写真撮ってる時は問題なかったんですが、思わぬ弱点です。また無線LANの接続性が時に悪くなってアプリがたちあがりにくいこともあります。そのため画質はとても良いんですが、QX100はRX100の代わりには買わない方が良いです。あくまでスマホ発想ができる人が買うものですね。平たく言うとQX100はカメラとしてみるとかなりイライラするカメラですが、スマホの周辺機器だと思うとこんなものか、という感じではあります。

2357.jpg   2329.jpg
iPhone単体(TrueHDRアプリ)

HDRは通常JPEGだと8bitのダイナミックレンジを32bit floatのダイナミックレンジに拡張して人の目を超えるDレンジを確保するというものです。一回では露光できないので3回露出を変えて撮影します。このため専用アプリ経由になり、このときはQX100は使えません。(あとでPCでHDR化するときはQX100でももちろん良いです)
iPhone標準カメラアプリのHDRは単に8bitで輝度合成してるだけのようなのでHDRっていうのはおかしいですね。だからTrueHDRアプリは真のHDRと言ってるんでしょう。

2360.jpg
iPhone単体(TrueHDRアプリ)

こうした画像はHDRと言ってますけど、正しくいうとHDRのマスターデータからトーンマッピングして切り出したJPEG画像です。HDRはマスターのことです。普通のモニターやプリントはいいところ8bitのJpeg程度の輝度しか表示できないので32bit floatで記録したHDRのDレンジを表示できません。そのためトーンマッピングをして8bit化します。

もう首都圏でも紅葉がはじまりました。今週末から12月の初めにかけては各地が赤や黄に染まっていくことになります。
posted by ささき at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 花こよみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

常泉寺の彼岸花

季節は進み、彼岸花の咲くころとなりました。今年は天候が不安定でもありましたが、不思議なことに彼岸花は律儀にもいつも彼岸の日に咲きそろいます。
常泉寺は高座渋谷にある花の寺で季節の花の美しいところです。またここは白い彼岸花でも知られています。ここではモノクロで白い花を描き出しています。

01774.jpg   01803.jpg   01810.jpg


01832.jpg   01844.jpg   01860.jpg

今回はSONY RX-1を持っていきました。写真の多くは光学ソフトフィルターを使用しています。広角のRX-1では効き目は薄いのですが、上質なRX-1の美しさをより高めてくれました。
posted by ささき at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 花こよみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

冬牡丹2012

今年も初撮りには冬牡丹を撮りました。雪囲いに雪が積もった冬牡丹というのはほとんど撮ったことがないのてすが、蓑から差しこむ光が花を包んでくれています。

LR3-9622.jpg   LR3-9601.jpg   LR3-9606.jpg
EOS-1D MkIII, EF70-200/2.8IS L

IMGP1588.jpg   IMGP1573.jpg   IMGP1592.jpg

IMGP1586.jpg
PENTAX Q, 01 Standard Prime, 03 Fisheye

posted by ささき at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 花こよみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

常泉寺の彼岸花

彼岸花はとても規則正しく毎年同じ時期に咲きます。
今日はいつもの高座渋谷の常泉寺に行ってきました。ここは白い彼岸花で有名ですが、カッパの像をはじめ境内もなかなか撮りどころ満載です。
そこで今回はフルサイズのEOS-1Ds MkIIとともに、小型システムカメラであるPENTAX Qをサブカメラとして持っていきました。二つのシステムを持っていけるというのもPENTAX Qならではです。

IMG_2924.jpg
iPhone 4

EOS-1Ds MkIIにはソフトフォーカス付けっぱなしでメイン被写体である彼岸花のアップを撮って、左手に標準ズームをつけたQを持ちながら境内スナップを撮るという風に使ってみました。

こちらはEOS-1Ds MkIIとEF135 softによるソフトフォーカスです。フルサイズでないとここまできれいにハイライトが浮き上がりません。広大なダイナミックレンジによる滑らかなトーンが美しいですね。

_V7N5300a.jpg         _V7N5267.jpg
EOS-1Ds MkII, EF135 soft

以下はPENTAX Qと02標準ズームによるスナップです。コンパクトセンサーならではの機動力が発揮できます。もちろん画質もすばらしく「一眼レフのサブカメラ」として十分な素質があります。

IMGP0455c.jpg     IMGP0460.jpg
PENTAX Q, 02 Standard Zoom

IMGP0426.jpg     IMGP0438.jpg
PENTAX Q, 02 Standard Zoom

下の写真のように境内にはめずらしい水琴もあります。これは地中にある壺に水滴の落ちる音がかすかに聴こえるという趣のある「楽器」です。河童が耳を澄ましているのも良い風情ですね。

IMGP0431.jpg
PENTAX Q, 02 Standard Zoom

良く考えてみたらこういう「サブカメラ思想」ってよく言われてたわりにはあまりきちんとしたカメラがなかったように思いますね。GR1なんかはよく一眼レフのサブカメラの代表格的に言われてましたけど、レンズ交換できるシステムカメラではないですから、そう言う意味でもQシステムは画期的です。
デジタル時代になってさまざまな画像フォーマットが生まれてきましたが、それぞれに特性があり、うまく使いこなしていきたいものです。
posted by ささき at 23:46| Comment(3) | TrackBack(0) | __→ 花こよみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

清雲寺の桜2011

今年は3月に季節外の寒さがあったため、梅の花もかなり影響を受けてしまいました。いつも行っていた青梅の吉野梅林も出来はよくありませんでした。桜もやはり良い年ではありませんが、いつもいく秩父の清雲寺に行ってきました。
ここはしだれ桜が有名で天然記念物もあるのですが、今回行ったのは少しピークをずれて紅しだれ桜が満開でした。

カメラはEOS-1DSMkIIです。

4936.jpg      4959.jpg
VK50R

上はVK50Rソフトレンズで撮ったものです。花弁の一枚一枚まできれいに見えていますが、ソフトで撮っても像自体はあくまでシャープに取るのがコツです。右はクローズアップレンズであるカールツァイス・プロクサーを使用しています。


4974.jpg      名称未設定-2.jpg
EF24-105/4 IS

行った次の日は併設している神社の祭りでした。こちらは桜と神楽舞台というなかなかの組み合わせです。右の写真はHDRからトーンマッピングしたものです。

やはり桜の華やかさと歴史的な建物の重みというのは良い組み合わせですね。

posted by ささき at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 花こよみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

冬牡丹2011

冬は色彩感も少ないのですが、冬牡丹が色を添えてくれます。
今年の初撮りとしていつもの八幡宮で冬牡丹園にいってきました。

カメラ:EOS-1DsMkII, EF135/2.8 Soft, EF100/2.8L IS Macro

4784.jpg     4779.jpg

4746.jpg     4764.jpg

雪が降ってくれるといいんですが、ここ数年そうした機会にはめぐり合いません。
良いのか、悪いのか。。
posted by ささき at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 花こよみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

紅葉2010

今年は夏暑くて秋になってぐっと冷え込むという紅葉にとってはよいかたちになったため、色つきはなかなか良いようです。ただ例年とちょっと見ごろが微妙にずれているように思います。そこで、撮りに行くタイミングがちょっとつかめずにいつものところに行ったけれども、見ごろすぎとか早すぎとなってしまいました。
ここでは埼玉の森林公園、千葉の本土寺、新座の平林寺で撮った紅葉をアップします。
カメラはEOS-1DsMkIIでレンズはEF100マクロ新型、EF16-35、EF135ソフト、VK50Rソフトなどです。

4601.jpg    4703.jpg    4681.jpg

4726.jpg    4594.jpg

4606.jpg    4602.jpg

4676.jpg    4711.jpg    4620.jpg


紅葉はこのほかに大山の紅葉を別な形でアップする予定です。今年も紅葉のシーズンが終わると冬がきますが、冬こそ日の高度が低く斜光で影が立体的になるので写真には好適ですので、写真のシーズンはまだ終わらずと言うところではあります。
posted by ささき at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 花こよみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

秋バラ神代植物園

最近はオーディオ趣味のほうが忙しいのでなかなか写真を撮りに行く暇がないのですが、今日はひさしぶりに神代植物園の秋バラを撮ってきました。
新型マクロとソフトフォーカスを使っています。

4366.jpg     4324.jpg
EOS-1DsMkII, EF100 IS L

4390.jpg     4380.jpg
EOS-1DsMKII, VK50R Soft

4374.jpg
EOS-1Ds, EF135/2.8 Soft

さて、神代植物園の付近はNHKのドラマ「ゲゲゲの女房」で一躍脚光を浴びたため、とても混んでいました。左は植物園の全景で、右は鬼太郎茶屋です。(画像はここからiPhoneです)
IMG_1414.jpg     IMG_1436.jpg

実際に水木茂さんがこの辺に住んでいて、深大寺の裏手当たりが鬼太郎の家があると想定されたところだそうです。(該当場所は普段は立ち入り禁止のところだそうです)
この辺は武蔵野のよき緑が残っているところです。下記写真は植物園の中ですが、こういう雰囲気のところにあの家があるのでしょうね。
IMG_1413.jpg
posted by ささき at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 花こよみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

Spring Rose

3844.jpg     3855.jpg
EOS-1DsMkII, EF135/2.8 soft, VK50R soft
posted by ささき at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 花こよみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

桜2010

今年は開花後に急にまた寒くなったり、強風が吹いたりと、桜にとっては散々な年になってしまいました。
今年は小田急江ノ島線沿線の千本桜に行ってきました。ここは川の両岸にたくさんの桜並木が並んでいます。

3710.jpg    3753.jpg
EOS-1DsMkII, EF16-35/2.8L EF70-200/4L IS

3761.jpg      3810.jpg
EOS-1DsMkII, VK50Rソフト EF135/2.8 ソフト
posted by ささき at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 花こよみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

青梅の吉野梅郷

もはや桜も咲こうかという頃ですが、梅を撮りに青梅の吉野梅郷に行ってきました。ここはいつも遅めではありますが、今年は特に天候不順でいまが盛りとなりました。
ここは昨年度の新聞が選んだ全国一の美しい梅林ということです。吉野梅郷というと範囲が広いのですが、今回行ってきたのはその中の「梅の公園」という部分です。

http://www.omekanko.gr.jp/ume/

今回はメインはEOS-1DsMkIIに最近買った100マクロIS Lと、スナップ風にDP2を使いました。

3655.jpg     3672.jpg
EOS-1Ds MkII, EF100マクロIS L

sd2847.jpg     sd2860.jpg
Sigma DP2

またこちらが梅の公園を俯瞰したものです。これはiPhoneのパノラマ合成です。これは縦で6枚合成しています。縦で合成することでiPhoneの持つ解像力の低さを補ってプリントしても高い画素数を稼ぐことができます。一眼レフでこの方式で高精彩プリントを作るプロもいます。

IMG_5285.jpg
iPhone (AutoStich)

この週末にもお勧めですので、桜の前にお楽しみください。
posted by ささき at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 花こよみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

冬牡丹の季節

いつも一年のはじまりはまずこの冬牡丹を撮ることで始まります。
冬は枯れた季節ですがこうして彩りもあります。

3630.jpg     3604.jpg
EOS-1DsMkII, EF135/2.8 Soft

3556.jpg     3529.jpg
EOS-1DsMkII, EF135/2.8 Soft

今回は新型100マクロを使用してマクロらしい写真を撮ってみました。
これでだいたい1:1.5くらいです。寺社や牡丹園のように混むところはたいてい三脚禁止なので手ブレ補正付きのマクロは重宝するでしょう。

3547.jpg     3527.jpg
EOS-1DsMkII, EF100/2.8 Macro IS L

撮っていたら梅が咲いているのも見つけました。
冬来たりなば春遠からじというところですね。
posted by ささき at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 花こよみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

本土寺の紅葉

北小金にある本土寺は昨年少し紅葉を見てきたんですが、今年は本格的にこのシーズンを通じて行ってきました。
中は広くピークが木によって異なるので毎回いくたびに違う顔が楽しめます。特に山門付近と中では違いますので分けていくのが良いと思います。中のピークは先週で、山門付近のピークは今日でした。

まずは新型100マクロIS Lです。
切れがよく、ぴりっと締まった絵を切り取ってくれます。

3452.jpg     3230.jpg     3149.jpg
EOS-1DsMkII, EF100マクロIS L

今回は16mmの超広角でも紅葉を撮ってみました。
京都に負けないような本土寺の広大な色の空間を絵に収めてくれます。一番右の写真も16mmで撮ったものですが、きちんと水平に撮ると16mmでもこうした普通のスナップのように撮れます。それでいてこの構図は16mmでないと撮れません。

3337.jpg     3264.jpg     3285.jpg
EOS-1DsMkII, EF16-35/2.8L

こちらはソフトフォーカスです。
光と色、という二極の美しさを抽象的な絵画のように描き出してくれます。

3349.jpg     3249.jpg     3403.jpg
EOS-1DsMkII, VK50R Soft

さて、紅葉もこれで今年は終りだと思いますが、紅葉が終わると今年も押し迫ったという感じです。ただ冬はまた斜光線が立体感を作り出し、スナップにはまた良い季節となります。
posted by ささき at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 花こよみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

常泉寺の白い彼岸花

季節も秋となり、風が涼しくなるとともに秋の花の咲くころになりました。そこで毎年行っている花の寺に白い彼岸花を探しにでかけました。
カメラはいつものようにEOS-1DsMkIIとソフトレンズの組み合わせで撮りました。

ソフトレンズはシャープに撮る、というのがソフト効果を生かすコツといえるかもしれません。ここでも光のハイライトの中でも被写体面は芯がありあくまでシャープでピンがきちっと来ています。それによりソフト部分との対比がより明瞭となります。

1589.jpg     1628.jpg
EOS-1DsMkII, EF135/2.8 Soft

50mmのソフトレンズは雰囲気のあるスナップにも好適です。
画面全体をぼかしてなんとなく雰囲気を作るというのではなく、ふってくるような光のハイライトを浮き立たせて絵の印象を強めてくれます。

1696.jpg     1701.jpg
EOS-1DsMkII, VK50R

撮っているとふと鈴のような音が聞こえてきます。
ここは風流にも水琴窟(すいきんくつ)があります。下の写真手前の石の詰まった管(壷)の下に水琴があります。水琴は400年ほど前に考案されたもので土中に埋めた壷に落ちる水が反響する音を楽しむものです。その音がかすかに歩くものの耳に入ってきます。

IMG_0931.jpg
iPhone 3GS

音と空間の表現という点では先人たちの方が少し深い知恵をもっていたのかもしれません。
posted by ささき at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 花こよみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

桜の運河のほとりにて

9907.jpg       9902.jpg       9883.jpg

9932.jpg       9961.jpg

EOS-1DsMkII
EF24-105/4L IS, EF135/2.8 Soft
posted by ささき at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 花こよみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする