2006年12月10日

EF70-200/F4 IS レビュー

待望のEF70-200/F4LのISつきの新型をゲットしました。
外観的な相違はF2.8ISのようなスイッチ類がついた程度でほぼ同じです。

blog_ef70_200f4is1.jpg

そこでさっそく今日の昼に天気が晴れ上がったすきを狙って近くの公園で試写をしてきました。
さすがにもう紅葉も終わりに近づき、あまりよい被写体はありませんでしたが終わり行く紅葉を捉えたその描写力は見事なものでした。下の写真はさっそく新型のF4ズームで撮ったものです。

1533.jpg
EOS-1Ds MkII, EF70-200/4L IS, 開放, 1/320, ISO100

わたしはF2.8ズームも持っていますが、F4ズームのよいところは携帯性と描写力です。実際にわたしは車で風景写真を撮りに行く時でもF2.8ではなくF4ズームを選びます。シャープネスと発色のよさがF4の強みです。

*F4ズームの新旧対決

こんどのF4のISつきで興味の点はその描写力がISがついたことで落ちていないかということです。
そこでいままで持っていた旧タイプと新型の撮り比べをしてみました。


blog_ef70_200f4is5nonis.jpg     blog_ef70_200f4is5is.jpg
左がISなしの旧タイプで右がISつきの新型です。開放の描写です。
両方とも三脚にすえて撮影しています。このようにほとんど差はありません。

次に100%等倍で同じ写真から切り出してみます。
blog_ef70_200f4is5nonis開放.jpg     blog_ef70_200f4is5is開放等.jpg
左がISなしの旧タイプで右がISつきの新型です。
100%で比べてもほとんど差がありません。
旧タイプはデジタル対応前だと思いましたが、ISが入った新型はデジタル対応されているのでファインダーではやや抜けがよく見えるように思います。

*新ISの効果

また驚いたのは4段を標榜するISですが、これもかなりの性能です。
動作音はなぜかかなり音をたてますが、手ぶれ補正では他社の追従を受けたキヤノンが音の静粛さというプライドを捨てて性能という実を取ったという感じです。
音は大きいのですがEF24-105ISのISが軽く動かしたときにゆれ戻しを感じるのに対してこちらはもっと自然に止まるように思います。

下の写真は軽く試して見ようと三脚と撮り比べをして見ていい加減に撮ったのですが1/40でも三脚とまったくかわらないのに驚きました。

blog_ef70_200f4is2.jpg
EOS-1Ds MkII, EF70-200/4L IS, 手持ちISオン

下に100%等倍のものを載せます。

blog_ef70_200f4is3手持ちis.jpg     blog_ef70_200f4is3三脚.jpg
左が手持ちISで、右が三脚で固定したものです。
実際にほとんど手持ちも三脚固定したのも変わりません。手ぶれはある程度確立問題でもあるのですが、この左の写真の前に露出をあわせるために2カット撮っていますがそれらも同じくらいシャープです。
いままで75-300からISを使ってきましたが、こんなに驚いたのは初めてかもしれません。EF24-105/4ISも1/8や1/4でもいけるので驚きましたが、やはり望遠でこれだけ効果があると感心します。
1/40で200mmというのはあまり考えられないシャッター速度ですが、もし4段分ほんとうにあればさらに低い速度でもいけることになります。
この辺はあとで試して見たいですね。またフィールドテストを行うのが楽しみです。

ところで今回購入したのはいつものマップやフジヤカメラさんではなく、最近オーディオ関係でいろいろ買っているフジヤAVICさんがカメラも取り扱っているということがわかったのでそこから買いました。とりよせになりますがなかなか良い値段です。ここはハイエンドオーディオも以外と安く買えるので、オーディオファンにはわりと知られていますがカメラ的にはちょっと穴場かもしれません。
場所はよくご存じのフジヤカメラさんと同じ中野で、こちらはブロードウェイにあります。中野に行ったらちょっと寄って見るといいかもしれませんね。
ただわたしみたいにオーディオ系にもはまってしまう可能性もありますのでご注意ください!(笑)
posted by ささき at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ EF70-200/F4L IS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

EF70-200/4L IS注文しました

EF70-200/4Lの新型ISタイプを注文しました!
来週くらいには届くと思います。鎌倉の紅葉にはぎりぎり間に合うかも。。
やはり一番使うレンズのひとつなのでISがつくと適応範囲が広がります。AFの速さによってはいままで70-200/2.8ISでカバーしていたところも使えるかもしれません。
一方で懸念はF4ズームは発色の良さが良いところだったのでこの辺がレンズが増えてどうなったか、です。
そのため旧タイプは少し残しておいて撮り比べてから処分するかどうか決めるつもりです。
posted by ささき at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ EF70-200/F4L IS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする