2017年05月29日

三浦笠懸 2017 - 武田流

週末は三浦半島にて武田流の笠懸を撮ってきました。当日はかなり暑く、海を背景にしているのはいいのですが逆光なのでかなりコンディションとしてはきびしいものでした。

8T9Z5104[1].jpg  8T9Z5035[1].jpg  8T9Z4899[1].jpg

8T9Z5121[1].jpg  8T9Z5099[1].jpg  8T9Z4933[1].jpg

8T9Z5202[1].jpg  8T9Z5115[1].jpg

8T9Z5072[1].jpg
的中!

笠懸とは地面に座る大将を狙い撃つ武術で、今回は地面の的を射る射手を前から撮ってみました。しかしながら真正面は保護のネットがあるので、斜め横から望遠で射手たちを撮りました。これはなかなか位置決めも難しかったですね。

8T9Z5221[1].jpg  8T9Z5220[1].jpg  

8T9Z5231[1].jpg  8T9Z5234[1].jpg  

8T9Z5248[1].jpg  8T9Z5253[1].jpg  8T9Z5254[1].jpg

8T9Z5263[1].jpg  8T9Z5270[1].jpg

posted by ささき at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

小田原流鏑馬 2017 武田流

今年もいつのまにか梅の咲くころとなり、今年初めての流鏑馬撮りに行ってきました。
多少風が吹いて寒かったんですが、天気はよく梅も今年は早いそうで咲き誇っていました。ここは曽我の梅林で、仇討ちで知られる曽我兄弟が弓馬の達人だったということでこのイベントが行われているということです。
ここは女性射手が活躍するところでもあり、最後の決勝でもある競射でも5名中女性射手が3名と好成績を収めました。

8T9Z4468[1].jpg  8T9Z4650[1].jpg

8T9Z4421[1].jpg  8T9Z4424[1].jpg
小池射手

8T9Z4451[1].jpg  8T9Z4738[1].jpg
又吉射手

8T9Z4703[1].jpg  8T9Z4603[1].jpg
吉田射手、遠藤射手

8T9Z4579[1].jpg  8T9Z4585[1].jpg
秋山射手

8T9Z4529[1].jpg
有本射手

8T9Z4634[1].jpg  8T9Z4658[1].jpg

今回は今年初にしてはうまくスピードに合わせられました。また今年も撮っていきたいですね。
posted by ささき at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

逗子流鏑馬 2016 武田流

今日は快晴の中、逗子の流鏑馬を撮りに行ってきました。
カメラはおなじくEOS-1DmkIII、EF70-200/2.8L, EF24-105/4です。
ここは海岸という環境はよいのですが、真逆光なので苦しめられます。一方でここは女性射手が活躍するので華やかでもあります。今日は女性の吉田射手と又吉射手が最速馬(同時にちょっとぐずりがちの)秀月に乗るという点も面白いポイントでした。

8T9Z4045[1].jpg  8T9Z4306[1].jpg  

8T9Z4357[1].jpg  8T9Z4051[1].jpg
又吉射手

8T9Z4227[1].jpg
吉田射手

8T9Z4141[1].jpg  8T9Z4146[1].jpg
遠藤射手

8T9Z4379[1].jpg  8T9Z4105[1].jpg  8T9Z4183[1].jpg
秋山射手、有本射手


8T9Z4055[1].jpg  8T9Z4083[1].jpg  8T9Z4016[1].jpg
小池御大、瀬端射手、阿部射手

8T9Z4293[1].jpg  8T9Z4029[1].jpg

ファイル 2016-11-20 22 43 14.jpg

今年最後の流鏑馬でしたが、また来年もまた楽しみたいものです。



posted by ささき at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

寒川神社流鏑馬 2016 武田流

今日は小雨の降る中、寒川神社の流鏑馬を見に行ってきました。
木々に覆われた一の的のところにいたことで雨はしのげましたが、暗くてカメラの露出がきつくて難儀しました。テレコンバーターをつけて長めを狙いたいところでも暗くなりすぎて使えませんでした。。オートフォーカスも暗いため迷ってしまうし、なかなか厳しいコンディションでしたが、次第に慣れてきて結果的にはそれなりに撮ることができました。

8T9Z3947_filtered[1].jpg  8T9Z3770_filtered[1].jpg  


8T9Z3737_filtered[1].jpg  8T9Z3771_filtered[1].jpg


8T9Z3815_filtered[1].jpg  8T9Z3942_filtered[1].jpg  8T9Z3697_filtered[1].jpg


8T9Z3779[1].jpg  8T9Z3853[1].jpg
posted by ささき at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月31日

笠懸三浦2016 武田流流鏑馬

三浦半島の油壺で武田流の笠懸(かさがけ)を撮りに行ってきました。

8T9Z9855[1].jpg  8T9Z9859[1].jpg  

笠懸とは甲冑武者の唯一の弱点である顔面を狙うために特化した武術で、実際に平将門、新田義貞、木曽義仲らがこれで倒されたのだそうです。

8T9Z0429[1].jpg

笠懸では上のように地面近くの下に設置した板的を狙います。普通の流鏑馬の的を往路で射て、復路で笠懸の的を射るという感じです。

8T9Z0016[1].jpg  8T9Z0019[1].jpg  8T9Z0028[1].jpg
写真でいうと上のように右から左に走ってるものが笠懸の的を狙ってます。

8T9Z0390[1].jpg  8T9Z0395[1].jpg
有本射手

8T9Z0216[1].jpg  8T9Z0327[1].jpg
秋山射手、又吉射手

8T9Z0032[1].jpg
瀬端射手は流鏑馬では射る前に目を閉じて集中しているのですが、笠懸でもやはり目を閉じていますね。

8T9Z0231[1].jpg  8T9Z9919[1].jpg  8T9Z0094[1].jpg

8T9Z0106[1].jpg  8T9Z0081[1].jpg

ここでは海岸を背景にしているので、いつもの流し撮りも少し広めに撮って空を入れてみました。

8T9Z0064[1].jpg  8T9Z0253[1].jpg
又吉射手、瀬端射手

8T9Z0286[1].jpg  8T9Z0309[1].jpg
板的を射る直前

8T9Z0287[1].jpg  8T9Z9936[1].jpg
見事的中! 有本射手、瀬端射手

8T9Z9869[1].jpg  8T9Z9959[1].jpg
吉田射手、小池御大

8T9Z9873[1].jpg

カメラはCANON EOS-1D3、EF70-200/2.8IS, テレコンバータ、EF24-105/4ISです。
当日は晴れてなかなか大変でしたが、スピード感のある騎射を楽しみました。
posted by ささき at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

小田原の流鏑馬(武田流) 2016

今年も小田原で流鏑馬が開催されました。快晴の中、咲き誇る梅林の中で執り行われる流鏑馬を見ると、春が来たという感じがします。
とはいえ、しばらく流鏑馬のスピードに慣れていませんので、小田原はいつも難儀してしまいます。今年も一組目はほとんど満足に撮れずに、競射に向かって撮り慣れてくるという感じです。
小田原では女性射手も活躍し、小池御大も騎射に参加してくれ、秀月もかっとばすという武田流の魅力あふれるものでした。競射に女性が残らなかったのがやや残念なところでした。
カメラはいつもと同じEOS-1D Mk3、EF70-200/2.8L,EF24-105/4Lです。

8T9Z9512[1].jpg
小池射手

8T9Z9816[1].jpg  8T9Z9758[1].jpg  8T9Z9818[1].jpg
秋山射手

8T9Z9598[1].jpg  8T9Z9603[1].jpg
又吉射手

8T9Z9638[1].jpg  8T9Z9640[1].jpg
遠藤射手

8T9Z9610[1].jpg  8T9Z9555[1].jpg  8T9Z9614[1].jpg
阿部射手
やはり流し撮りは秀月です。

8T9Z9770[1].jpg  8T9Z9622[1].jpg
有本射手

8T9Z9651[1].jpg  8T9Z9802[1].jpg
瀬端射手
見ていると気が付きにくいかもしれませんが、瀬端射手は射る前にいつも一瞬目を閉じて集中しています。

8T9Z9524-1[1].jpg
吉田射手

8T9Z9787[1].jpg
藤本射手

さて、今年も楽しみにしていきたいですね。
posted by ささき at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

逗子の流鏑馬2015 武田流

今日は逗子海岸で流鏑馬を撮ってきました。
ここは鎌倉時代に流鏑馬が行われていたとされる場所です。背景が海なのでなかなか良い写真が撮れます。
とはいえ、陽が出ると真逆光になるので、今日は曇りで適度に良かったかもしれません。
カメラはアップはEOS-1D3とEF70-200/2.8です。

8T9Z6657[1].jpg  8T9Z6666[1].jpg

今回は小池御大も参加されました。やはり古武士の風格がありますね。

8T9Z6763[1].jpg  8T9Z6766[1].jpg

流し撮りはEF24-105/4です。

8T9Z6813[1].jpg  8T9Z6818[1].jpg
吉田射手

8T9Z6837[1].jpg  8T9Z6917[1].jpg  8T9Z6997[1].jpg  8T9Z6924[1].jpg
又吉射手

8T9Z6930[1].jpg  8T9Z6933[1].jpg  8T9Z6939[1].jpg  8T9Z7011[1].jpg
瀬端射手

8T9Z6957[1].jpg  8T9Z6863[1].jpg  8T9Z6650[1].jpg
有本射手

8T9Z6909[2].jpg  8T9Z6912[1].jpg
秋山射手

8T9Z6914[1].jpg  

今年は流鏑馬も撮り収めです。また来年に期待したいですね。
posted by ささき at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月31日

三浦笠懸 2015 武田流

今日は三浦半島の油壺で武田流の笠懸(かさがけ)を撮りに行ってました。
笠懸とは何かというと「流鏑馬、笠懸、犬追物」と騎乗武芸の代表として教科書に出てきました。ただし犬はさすがに今どき追えないので現在では流鏑馬と笠懸が残っています。流鏑馬と笠懸はほとんど同じようなものですが、違いは的と射方にあり笠懸はより小さく地面に近い的を射るのでより難しいものになっています。
これは甲冑武者の唯一の弱点である顔面を狙うために特化した武術だそうで、実際に平将門、新田義貞、木曽義仲らがこれで倒されたのだそうです。
こちらでは地面近くの下に設置した板的を狙います。不通の流鏑馬の的を往路で射て、復路で笠懸の的を射るという感じです。写真でいうと右から左に走ってるのが笠懸の的を狙ってます。

8T9Z6497_filtered[1].jpg

8T9Z6524_filtered[1].jpg   8T9Z6557_filtered[1].jpg   8T9Z6627_filtered[1].jpg

8T9Z6553_filtered[1].jpg   8T9Z6461_filtered[1].jpg   8T9Z6332_filtered[1].jpg

8T9Z6340_filtered[1].jpg   8T9Z6422_filtered[1].jpg

今日は予想が良い方に外れて晴れましたが逆光気味で写真にはやや辛いところはありました。カメラはEOS 1Dmk3とEF70-200/2.8L, EF24-105/4Lです。流鏑馬を撮るのはかなりむずかしくて、今回はやっと慣れたころに終わり、という感じではありました。まだまだ精進ですね。
posted by ささき at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

小田原の流鏑馬(武田流) 2015

昨日は小田原の曽我梅林の梅まつりで恒例の流鏑馬が行われました。
晴天に恵まれた穏やかな良い日でしたが、逆光なので写真にはやや厳しいところもありました。梅の花はイベントによい花を添えてくれます。

8T9Z5424[1].jpg  8T9Z5448[1].jpg   

ここは女性射手が活躍するのも華やかでよいですね。こちらは吉田射手。

8T9Z5304[1].jpg  8T9Z5363[1].jpg

こちらはベテランの又吉射手。

8T9Z5558[1].jpg  8T9Z5457[1].jpg

ベテランの宮崎射手、最多的中の秋山射手、デビューしたての瀬端射手、人気も実力も高い有本射手もしっかりと騎射を楽しませてくれました。

8T9Z5296[1].jpg  8T9Z5397[1].jpg  8T9Z5551[1].jpg

8T9Z5567[1].jpg  8T9Z5487[1].jpg

流し撮りも年の初めだとスピードが慣れないのでなかなか良いカットが取れません。これはなかなかうまく決まってくれました。

8T9Z5467[1].jpg  8T9Z5374[1].jpg

射終わって、ふとこぼれる笑顔もよいものです。有本射手(先頭)、阿部射手、又吉射手です。

8T9Z5589[1].jpg  8T9Z5580[1].jpg  8T9Z5593[1].jpg

今年もシーズンが始まり、これからのイベントも楽しみです!
posted by ささき at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

逗子の流鏑馬 (武田流)

週末の日曜日は逗子で開催された流鏑馬を撮ってきました。これは鎌倉時代に逗子の海岸で流鏑馬が開催されていたという故事由来によるものです。
当日は晴天に恵まれましたが、写真的には完全逆光で撮るにはかなりきびしいところはありました。カメラはいつものEOS-1D3とEF70-200/2.8, EF24-105/4です。
イベントは逗子の武者行列とタイアップして行われます。私は一の的のところに陣取りました。

8T9Z4802[1].jpg   8T9Z4807[1].jpg   8T9Z4945[1].jpg


逗子では、吉田射手のように女性射手が活躍するのも見どころです。凛としていますね。

- 又吉射手
8T9Z5114[1].jpg   8T9Z5117[1].jpg  

-遠藤射手
8T9Z5036[1].jpg   8T9Z5096[1].jpg

-吉田射手
8T9Z4973[1].jpg   8T9Z4979[1].jpg

今回最多的中した秋山射手、気迫がすごい宮崎射手などベテランのほかにも有本射手も人気が出てきているように思います。

8T9Z5141[1].jpg  8T9Z4869[1].jpg  8T9Z4999[1].jpg

いつもの流し撮りも背景が海だと一層良く映えます。

8T9Z4960[1].jpg 8T9Z5109[1].jpg

また今回初陣の瀬端射手も競射に残り3位となる優秀な結果を残したのも今回のポイントですね。目を閉じて集中していますね!

8T9Z5054[1].jpg   8T9Z5245[1].jpg

さて、今年の流鏑馬はすべて終わり、来年も楽しみです。
posted by ささき at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

寒川神社流鏑馬 (武田流)

寒川神社での流鏑馬を撮ってきました。
カメラはいつものようにESO-1D3、70-200/2.8L, 16-36/2.8Lです。アップの写真では2倍のテレコンバーターを使用しています。いつもながらこの至近距離の高速被写体を400mm-500mmで撮るのはなかなか至難です。また今回は流し撮りがいまひとつ決まりませんでしたが、今回はいつもの早い馬、秀月が欠場していたから力が入らなかったかも。。なにしろ流す速度が秀月に合わせて鍛錬していましたので ^^

8T9Z4567-2_filtered[1].jpg    8T9Z4522-1_filtered[1].jpg    8T9Z4726_filtered[1].jpg

8T9Z4612-1_filtered[1].jpg  8T9Z4624-1_filtered[1].jpg  8T9Z4633-1_filtered[1].jpg

8T9Z4511-2_filtered[1].jpg    8T9Z4709-1_filtered[1].jpg

8T9Z4756_filtered[1].jpg    8T9Z4509-1_filtered[1].jpg    8T9Z4730-1_filtered[1].jpg 

次回の関東圏での武田流流鏑馬は11/3の話題の明治神宮です。さてどうなることか。。
posted by ささき at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

三島の流鏑馬2014 (武田流)

週末は恒例となっている三島大社の例大祭で執り行われる武田流の流鏑馬を撮りに行ってきました。当日は見事に晴れ上がって良いコンディションで撮れました。
三島は水がきれいな街で街中の清流もきれいです。カモは暑さかほぼ橋の下で休みのようでした。ついてみるとまだ早く、大社では若手の方々が練習騎乗してました。

馬場は大社の境内に作られた240mの直線で、ここを15-20秒で駆け抜けます。だいたい平均で時速60km弱ですから、トップスピードはもっと速いでしょう。馬としてはもっとも早い襲歩というギアにはいっています。走路には3つの的があり、私は三の的のところに居ました。
始めの競技は神事として行いこの時は帽子の上に鬼の面を載せます。これを二組6騎ずつで二走し、優秀者は競射として決勝戦を行いますが、これは神事ではなく鬼の面を取ります。
今回もカメラはEOS-1D Mk3とEF70-200/2.8L IS,EF16-35/2.8Lを使用しています。アップではテレコンを付けてさらに倍してだいたい500mm近い望遠で一瞬を切り取ります。

8T9Z4103[1].jpg   8T9Z4412[1].jpg

8T9Z4325[1].jpg  8T9Z4266[1].jpg

8T9Z4204[1].jpg  8T9Z4299[1].jpg

今回は流し撮りがうまく出来たので良かったんですが、これは秀月という飛び抜けて速い馬を狙ってます。ただこの日は天山もすごいスピードで観客を大いに沸かし、駿馬交代も近いかもしれません。
また話題としては当三島大社の波多野射手(はじめの黄色装束の射手)が復帰されて堂々と貫頭(はじめの射手)を務められたのも特筆事項です。


さて、流鏑馬が終わったら今度はウナギ!
三島はウナギでも有名です。三島大社を後にして、いつも行く本町すみの坊へと参ります。しかし今年はウナギが安いと聞いてましたが..残念。マグロに続いてウナギも遠くなっていきます。。でも味は良くって、ふっくらとして旨味もたっぷり。

IMG_5179[1].jpg  IMG_5180[1].jpg

次はもちろん温泉です。ここまで来たらやはり熱海。湯河原もいいんですが、温泉街が駅から遠くにあります。熱海も駅からメインの温泉街は遠いんですが、駅前にいい温泉があります。その名も駅前温泉。温泉地によくある地元民の共同温泉です。

IMG_5193[1].jpg

ここは地元の公共浴場のパターンで74度の高温泉から何度くらい低下してるか、かなりの熱湯が容赦なくドボドボと浴槽に注ぎ込まれ、初めはかなり熱く、周りで入ってる人と我慢比べの様相を呈してきますが、やがて一人が「水入れて良いですか?」と聴いてくると内心ホットしながらニッコリ「良いですよ^^」と言う駆け引きが繰り広げられるわけです 笑
とてもゆっくり入れない短期決戦型の温泉ですが泉質は素晴らしく良く、来る時の披露は取れ、すっかり体が軽くなります。ここは穴場でお勧め。

次の武田流の流鏑馬は9/19に寒川神社で行われます。
posted by ささき at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月12日

小田原の流鏑馬 2014 武田流

今年もさまざまなイベントが始まってきていますが、写真的にもまずこの流鏑馬から本格スタートです。
これは小田原の梅祭りの一環です。小田原は箱根峠越えの食料として梅の栽培が盛んだったということで、いまでも梅が名物です。梅は観賞用もありますが、ここのあたりは生産梅林となっています。

今回もEOS-1D3とEF70-200/2.8IS,24-105/4ISで撮ってきました。ここは走路が観客席からやや遠いのでアップにしにくい分で余地があって比較的追いやすいところです。ただ当日は天気が悪く、そこは残念でした。
今回も女性射手が活躍していました。こちらは吉田射手です。若手ですが、なかなかの腕で成績上位者が行う競射にも選ばれました。

3276.jpg    3209.jpg    3127.jpg  

こちらは又吉射手でベテランです。
3164.jpg     3166.jpg

こちらは阿部射手(左)と藤田射手。阿部射手の馬は馬の初陣で「つきかず」という馬でした。
3033.jpg     3014.jpg

いつもながらの流し撮りです。宮崎射手と有本射手です。有本射手の馬は秀月(しゅうげつ)という最速馬で流し撮りにはうってつけ。名馬トウショーボーイの孫だそうです。

3081.jpg     3315.jpg 

今年もまたいろいろと良い写真を撮っていきたいものです。
posted by ささき at 21:03| Comment(2) | TrackBack(0) | __→ 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

逗子の流鏑馬 2013 (武田流)

週末は逗子の流鏑馬を撮りに行ってきました。
いつもは海岸に出て右側に行くのですが、今回は左側に馬場が設置されました。これは海岸線の移動によるものということです。
今回は風が強く、砂もびゅうびょう飛んできて大変でした。最後の成績優秀者で行われる競射のときには的が強風で倒れて修復不能につき中止と言ういままでにないハプニングも置きました。
また晴れたのはいいんですが写真的には真逆光で、普通に撮るとまっくろと言うなかなかシビアな条件下でした(ちなみにフラッシュは厳禁です)。

2567.jpg   2685.jpg

カメラはEOS-1DMk3を使います。これにEF70-200/2.8L ISで射手の疾走を撮り、テレコン2倍で射手のアップ(これが最難度)、16-35/2.8Lで流し撮りというのがだいたいのパターンです。

2610.jpg   2661.jpg   2883.jpg

2912.jpg   2938.jpg   2939.jpg

ちなみに馬の走りは無段階ではなく、大きく4つに分けられます。ただ歩く常走(なみあし)、中速度で走る速走(はやあし)、高速で走る駈走(かけあし)、全速力で走る襲歩(しゅうほ)です。これらは4足の運びとリズムがそれぞれ違うので、見ていると急にスイッチが入ったように感じられます。競馬でやっているのは襲歩で、流鏑馬も襲歩です。襲歩ではすべての脚が宙に浮いている瞬間があります。そこを撮りたいわけです。ちなみに乗馬クラブでは襲歩はしません。

これらを切り替えるのは足で馬にそれぞれ異なった合図を送ります(襲歩は知りませんが)。でも相手は生き物の馬なので、車みたいにギヤを切り替えれば必ず5速に入るというものではありません。そこは馬の性格や気分、乗り手とのコミュニケーションなどなどいろんな要素があり、単純にムチを入れればどんどん速くなるというものではありません。その辺が乗馬術と言うわけですね。そのためなかなか走りださない馬もいるわけです。

2668.jpg   2948.jpg

今年も女性参加が多く華やかな逗子でしたが、昨年華々しくデビューした地元の吉田射手はちょっと振るわず、残念でした。

- 原射手
2841.jpg   2847.jpg   2778.jpg

- 遠藤射手
2720.jpg   2726.jpg

- 又吉射手と吉田射手
2871.jpg   2687.jpg

結果はベテランの宮崎射手が安定した強さを見せて優勝。流鏑馬は今年はこれで撮りおさめです。ひとつひとつと今年のイベントも終わっていき、年末に向けてカウントダウンがされていくようです。
posted by ささき at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

寒川の流鏑馬(武田流) 2013

毎年恒例の寒川神社の流鏑馬に行ってきました。
カメラはいつもの通りEOS-1D Mk3とEF70-200/2.8, EF16-35です。

場所はいつものごとく一の的のあたりに占位して的を狙う射手の表情と通り過ぎる際の流し撮りを狙います。
はじめ場所についた時には木々のこもれ日も期待できるのではないかと思っていたのですが、残念ながら開始する時刻になると単に日陰になってしまいました。このため全般に露出とシャッター速度に苦しんでしまいました。

下は射手が走り出すところで、ここで準備してから走り出します。ときには馬を走り出させるまでが大変になったりします。

8T9Z2017.jpg     8T9Z2462.jpg

下はそれから走り始めたあたりです。的を射るという強い決意の表情が見て取れます。

8T9Z2465.jpg  8T9Z2352.jpg  8T9Z2290.jpg  8T9Z2387.jpg   

下は流し撮りをしています。これも広く撮ったり、クローズアップしたりといろいろと撮り方があるので毎回走路との距離で悩むところです。

8T9Z2173.jpg   8T9Z2209.jpg   8T9Z2157.jpg

下は一番難しいところですが、射手の矢を放つ瞬間をとらえたところです。これはすごしい速度で通り過ぎるのをほんの一瞬だけ捉えられることもさることながら、カメラのAFの設定をピント優先かレリーズ(連写)優先かを調整するというソフトの点でもまた難しいところです。ピント優先にすると連写速度がおちて瞬間をとらえにくくなり、レリーズ優先にするとピントがあやしくなります。その上でわずか0.1秒くらいで構図を決めねばなりません。
広く撮っておいて後で部分を切ってトリミングすることもできますが、そうしたことをするよりはむずかしい被写体と対峙するという面白さを取りたいと思いますね。

8T9Z2357.jpg  8T9Z2512.jpg  8T9Z2527.jpg  8T9Z2545.jpg

下は走路を戻ってくるカットです。古式の装束にも注目ください。

8T9Z2455.jpg     8T9Z2449.jpg

年配の射手は数十年ぶりの参加ということですが古武士の風格がありますね。
posted by ささき at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

三島の流鏑馬(武田流) 2013

今日は三島に流鏑馬を撮りに行ってきました。三島の例大祭の一環です。
カメラはEOS-1D MkIIIとEF70-200/2.8L、16-35/2.8Lです。

1982.jpg     1969.jpg     1977.jpg

射手の表情を撮るには望遠に2xテレコンを使ってアップで撮ります。近距離を超スピードで通り過ぎるのを撮るのに慣れるのはやっと後半になってからです。かなり難しい被写体です。

1975.jpg     1976.jpg

こちらは広角で流し撮りにしています。こちらはきちんと流し切るという基本を守るのが超スピードの流鏑馬を撮るには必要です。

1898.jpg     1899.jpg

朝行くと若手の練習をやっていました。そこでiPhoneで試しにとってみました。iPhoneでもこのくらいは意外と撮れちゃいますね。

IMG_0990.jpg     IMG_0989.jpg

三島というと水がきれいでウナギがおいしいところです。こちらは「本町うなよし」が改名して「本町すみの坊」と名が変わっていました。一澤頒布のように店名争いがあったのかも。

IMG_1004.jpg

ウナギを食べたら次は温泉、熱海に寄りました。熱海では駅前に良い温泉があって2分で駅から温泉に行けます。泉質も結構良いと思いますが、海の方の塩辛い温泉より、こちらはちょっと山の温泉に近いかもしれません。

IMG_1010.jpg     IMG_1014.jpg
posted by ささき at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

小田原流鏑馬2013

春はまだ先のような寒さが続きますが、一足早く小田原で梅祭りがおこなわれ、恒例の流鏑馬が行われました。今回も4名が女性射手というなかなか華やかなものでした。
撮った場所は一の的のあたりで、カメラはEOS-1D Mk3です。主にアップはEF70-200/2.8L IS、流し撮りは24-105/4L ISを使用しています。

8T9Z1488.jpg   8T9Z1547.jpg
映画でも活躍された川崎射手、背後の梅が小田原らしいところです。馬は八竜(はちりゅう)

8T9Z1525.jpg  8T9Z1473.jpg  8T9Z1481.jpg  8T9Z1482.jpg
昨年デビューしたばかりで光る吉田射手、馬は彗星

8T9Z1627.jpg  8T9Z1628.jpg  8T9Z1631.jpg  8T9Z1634.jpg
ポスターの図案にも採用された黒髪なびく黄靖乃(こうやすの)射手、馬は和種の源太産衣(げんたうぶぎぬ)

今回は久々の流鏑馬撮影でしたが、まずそのスピードについていけません。流し撮りも少し大変でしたが、いくつか撮りました。トウショウボーイの血を引く最速馬・秀月のスピード感もなんとか撮れました。

8T9Z1558.jpg     8T9Z1658.jpg
有本射手・秀月、阿部射手・八竜

8T9Z1692.jpg     8T9Z1714.jpg
阿部射手・八竜、秋山射手・彗星

今回のトップはベテランの内藤射手でした。いつもはベテランの宮崎射手や内藤射手でいい写真が撮れるんですが、今回はあまり撮れなかったのもまだ慣れてないかもしれません。さて、今年も少しずつスピードに慣れていって頑張って撮っていきたいものです!
posted by ささき at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

逗子の流鏑馬2012

本日は逗子海岸で行われる流鏑馬を撮ってきました。カメラはEOS-1D Mk3です。レンズはEF70-200/2.8Lとx2エクステンダー、およびEF16-35/2.8Lを使用しています。

8T9Z0917.jpg     8T9Z1277.jpg

天気は晴れとはいうものの真逆光の中でなかなか厳しい撮影条件でした。ただここは海岸沿いで背景に海を入れらるのが良いところです。

8T9Z0941.jpg     8T9Z0945.jpg

下の流し撮りの一連の写真では足元にも注意していただきたいのですが、普通の乗馬と異なるのは鐙(あぶみ)です。これは和あぶみというもので我々の使っている西洋あぶみが輪になっているのとは違いそりのようになっています。これは外しやすく実戦的ですが、踏み込みが難しそうです。

8T9Z1312.jpg  8T9Z1313.jpg  8T9Z1314.jpg

今回の特徴は女性射手が多かったことで、11名中の5名が女性、しかも2名は初陣という華やかなものでした。
こちらは川崎射手、彼女は映画の代役としても登場したそうです。

8T9Z1011.jpg     8T9Z1017.jpg     8T9Z1019.jpg

こちらは原射手と遠藤射手。遠藤射手は初陣でした。

8T9Z1077.jpg     8T9Z1079.jpg

こちらは又吉射手です。

8T9Z1149.jpg     8T9Z1156.jpg

特に今回はこちらの地元逗子という吉田射手が初陣ながら光っていました。初陣ながら競射という決勝に残ったのは立派なものです。今後も期待したいですね。

8T9Z1168.jpg  8T9Z1173.jpg  8T9Z1335.jpg  8T9Z1178.jpg  8T9Z1267.jpg

今回は試しにiPhoneでも撮ってみました。下記はiPhone5です。iPhoneは一眼のように露出が調整できないので撮ったままだと逆光で真っ暗です。そこでCamera Flashという暗部を持ち上げるアプリで暗い部分を明るく出しています。こうしたスマートフォンで撮るときはシャッターラグ(遅れ)を考慮してシャッターを押すというところがポイントです。
スマートフォンはアプリしだいというところです。最近のカメラ+Androidも面白いかもしれません。

IMG_9042.jpg     IMG_9048.jpg

まあとにかく流鏑馬は撮るのが難しい。自分で写真を現像しながらだいたい当たり写真が出てくるのは半分過ぎたくらいからですね。また馬によってもスピードが全然違うので、毎回違う速度で追従しなければなりません。また来年も研鑽したいところです。
さて、今年も流鏑馬も撮りおさめです。あとは紅葉を消化しつつ来年を迎えるという感じですね。
posted by ささき at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

寒川神社の流鏑馬 (武田流)

本日は寒川神社で武田流の流鏑馬の写真を撮りに行ってきました。
朝から降る雨は止んでくれたんですが、午後から晴れるという予報は当たらずかなり暗い中で露出には厳しい撮影となりました。カメラはEOS-1D Mk3とEF70-200/2.8 IS、EF16-35/2.8を使用しています。全体的にISO3200とかなり高感度で撮って、あとでノイズ除去ソフト(NeatImage)できれいにしています。

8T9Z0448.jpg   8T9Z0749_filtered.jpg

寒川神社の裏手に特設馬場があり、馬場には3つの的があります。私がいた場所は一の的の近くです。射手(いて)の走り出す瞬間もよく見えました。

8T9Z0510_filtered.jpg      8T9Z0672_filtered.jpg

頭の上に鬼の面がついているときは神事であるということを表しています。射手の気迫のこもった顔を見ているといかなる悪鬼も逃げていくことでしょう。

8T9Z0577_filtered.jpg   8T9Z0579_filtered.jpg   8T9Z0589_filtered.jpg   8T9Z0681_filtered.jpg

8T9Z0762_filtered.jpg

望遠のアップではテレコンバーターも併用しています。合算して500mmくらいの焦点距離で撮っている計算です。さすがにこのくらいのアップになるとかなり難しいですね。。

8T9Z0666_filtered.jpg      8T9Z0892_filtered.jpg

流し撮りは16-35広角ズームを使って1/80秒くらいで撮っています。このときピントはオートフォーカスを使わないで固定で撮っています。

8T9Z0743_filtered.jpg   8T9Z0837_filtered.jpg   8T9Z0737_filtered.jpg

以前この流し撮りの写真にフォトショップで画像合成したんですか?と質問されたことがあるんですが違います。もちろん普通に撮った写真です。
このように背景が流れても射手がきれいに止まって見えるのは射手の上体がぶれていないからです。カメラマンが流し撮りをがんばっても被写体が動いてはぶれてしまいます。武田流ではたちすかしという体を浮かして騎乗する方法で上体がぶれないということです。乗り手の技術あってこそ撮れる写真と言えますね。

武田流の流鏑馬のホームページはこちらです。なお撮影するときはフラッシュは厳禁です。馬は驚きやすい動物です。
http://www.yabusame.or.jp/

上のような流鏑馬のお話しは流麗な場内アナウンスで晋道さんというプロのFMアナウンサーの方が務めてくれています。こちらに晋道さんのブログがあって、私も流鏑馬の情報をいただいたりしています。
湘南こはる日和 http://shinpm.exblog.jp/
本日ごあいさつできたのですが、そうしたら当ブログを見ていただいたという神社の方から流鏑馬絵柄の絵馬をいただきました!ありがたいことです。次はもっと良い写真を撮らねばなりませんね。流鏑馬は私が撮ってるテーマの中でも難易度はものすごく高いんですがそれだけに挑戦し甲斐のあるテーマだと言えますね。
posted by ささき at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

寒川流鏑馬2011 武田流

今日はいつもの寒川神社の流鏑馬に行ってきました。
今日は場所取りがいまひとつだったので1D3のAFとかカスタムファンクションの調整に専念していました。また画像処理もいろいろと変えています。この辺も研究中という感じです。
カメラはEOS-1D MkIIIとEF70-200/2.8IS, EF16-35/2.8です。

8T9Z9450_filtered.jpg         8T9Z9534b.jpg   

posted by ささき at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | __→ 流鏑馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする