2016年12月04日

紅葉2016

昨年は紅葉が不作でしたが、今年は見違えるように素晴らしい紅葉が楽しめました。
紅葉の良くなる要素は秋の日照時間と急に冷え込むことですが、今年は日照がいまひとつだったものの、急に冷え込んだことで美しい紅葉が得られたようです。
写真は先週と今週に本土寺(千葉)と平林寺(埼玉)で撮ったものです。

SDIM0801[1].jpg  SDIM0823[1].jpg  SDIM0838[1].jpg

SDIM0862[1].jpg  SDIM0807[1].jpg  SDIM0849[1].jpg

IMG_0751[1].jpg  IMG_0749[1].jpg  IMG_0775[1].jpg  IMG_0773[1].jpg

SDIM0853[1].jpg  SDIM0793[1].jpg  SDIM0060[1].jpg

SDIM0815[1].jpg  SDIM0097[1].jpg  SDIM0110[1].jpg

SDIM0047[1].jpg  SDIM0056[1].jpg  SDIM0074[1].jpg

IMG_0762[1].jpg  IMG_0742[1].jpg

カメラは広角がSigma dp0、寄ったものはKissX4/EFS17-55/2.8です。

IMG_1126[1].jpg
Sigma dp0
posted by ささき at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 撮影日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

レッドブル・F1と曲技飛行のイベント2011幕張

さる6/4に幕張でBig Beach Festivalというダンスミュージック・ビート系の野外ライブイベントがありました。メインはイギリスのFatboy Slim(ノーマン・クック)というアーティストです。
昨年もそうだったのですが、このイベントでは毎年Red Bullとのタイアップイベントを行っていて、私はレッドブルのオフィシャルカメラマンとして参加しました。まず恒例となっている「Red Bull フライトパフォーマンス」では日本人の室屋パイロットと元曲技飛行世界チャンピオンのユルギス・カイリスがライブ会場の観客の目前で素晴らしい曲技飛行を見せてくれます。
また、今回初のというか世界でも例を見ない「「Red Bull Energy for Japan チャリティーラン」ではF1ドライバーのセバスチャン・ブエミが本物のRed Bull F1マシンをなんとライブ会場脇の道路で走らせると言うイベントを行いました。

オフィシャルとして撮った写真はレッドブルジャパンに帰属しますが、今回掲載してよいと言う許可をもらいましたので、私の撮影した中からいくつか紹介します。
*写真の版権はレッドブルジャパンに属します

カメラはEOS-1D Mk3とEOS-1Ds Mk2です。

こちらはレッドブルジャパンのページです。
こちらはBig Beach Festivalの公式ページです。

当日は梅雨というのに快晴でした。
F1は過去のマシン(RB1?)をペースに最新の仕様にあわせてボディパーツを改造したもので、デモカーとして使われているマシンです。外装は毎年少しずつ変更を行うそうですがベースは以前のもので、たとえば排気管はいまと違って上方排気になっています。

8789.jpg   8777.jpg   8818.jpg

ドライバーは現役のセバスチャン・ブエミで会場のすぐ横の道を4往復ほど走ってくれました。

8895.jpg   8901.jpg

8906.jpg   8911.jpg

とにかくF1の実際の走行を目の当たりにすると驚くのはその加速の速さと音です。
F1の走行は以前鈴鹿で見たことがありますが、テレビと比べて驚くのは音の大きさです。予選の日に130Rに向かって丘を登っていくとまだ姿が見えないのにすさまじい音がして、なにが走っているんだと言う驚きがありました。フェラーリのV12とコスワースV8でも音が違うのには感動しましたね。
その頃に比べてもより高回転になったエンジンの発する音は空気をつんざくような高周波音は身を震わせてくれます。その加速はまるで車ではなくミサイルが地面を走っているようです。
一回目は正面から撮って、二回目は本来は観客を大きく入れた状況説明カットを撮る段取りでしたが、すごいスピードで突っ込んできて、目の前ではげしいスピンターンを見せ付けられたとき、高揚した私はそれに逆らってしまいました。カメラマンとしてこの化け物に挑戦しないと収まらなかったと言う感じですね。

8952.jpg

いきおい走って流し撮りに挑戦しましたが、あとで怒られました(笑)。これはまあいい方ですけど、ほんとはもっと観客を入れないと。あとレース写真は少し傾けないとだめですね。まあF1はF1の専門のカメラマンがきているので、我々はサブで少し撮ると言うくらいではありますが。。
あとでみたら10コマ/秒の超高速連射のEOS-1Dmk3で撮って、一通過6コマしか写ってませんでした。0.6秒で視界を抜けていったんですね。路面もよくないので、実際はそんなに踏んでないと思いますが、すんごい感動体験でした。

私は飛行機班なので、メインは曲技飛行ですが、特に私の場合はステージに上がって袖から観客と飛行機と演奏を絡めて撮るという大役を担ってました。下の写真のような感じですが、特にオフィシャルで撮るときはブランドを入れるのが重要なのでレッドブルの冷蔵庫もきちんと入れています。この辺は仕事というわけですね。

5017.jpg

飛行機はドイツのエクストラ300とロシアのSu-26MXという機体で、室屋パイロットがエクストラでユルギスがスホーイを操ります。空冷星型のスホーイは馬力に勝り、液冷のエクストラは空力に勝ると言う大まかな特徴です。

8855.jpg   9067.jpg   5195.jpg

9039.jpg   5120.jpg

次の日曜日には横浜の元町でもF1の展示走行イベントを行っています。そのニュースを読んでみると子供が感動してくれたのがよいですね。

私はいろいろと趣味をやってますが、一番はじめは飛行機でした。しかし、いつから飛行機が好きだったかと言うと、物心ついたときはすでに飛行機の本を読んでいたのでわかりませんでした。しかし、あるとき自分の子供の頃のアルバムを見たときにそれが分かりました。自分でも記憶がないんですが、小さい頃に近くの航空自衛隊の松島基地に親につれられて行った写真がたくさんありました。自分の背景にたくさんの輝く機体がずらりと並び、そこにニコニコしながら写っていました。おそらくブルーインパルスの素晴らしい曲技飛行もそこで見たことでしょう。

いま理系離れが言われますが、子供の頃になにかこうした感動があると人生を変えてくれると思います。ですから、こういうイベントについてあまりうるさいとか危ないとか言わないで、そうした人の作ったものが感動を与えてくれると言うことに理解をいただきたいと思います。
また、そうした感動を伝える写真を撮っていきたいですね。
posted by ささき at 01:38 | TrackBack(0) | ○ 撮影日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

Red Bullフライバイ・イベントの写真

最近は梅雨あけてすぐ猛暑という感じであんまり写真撮る機会もなく、いろいろと他にやることもあったのでちょっと写真関係はお休みしてましたが、6月にちょっと面白いイベントを撮りに行きました。それがアップされていますので紹介します。

Red Bull(レッドブル)という名を聞いたことがあると思いますが、Red Bullという飲料メーカーがスポンサードするスポーツイベントはたくさんあります。最近ではF1でよく聞くでしょう。
そのRed Bullはスカイスポーツもたくさんスポンサードしていて、最近夜中にフジTVで"Red Bull Air Race"というのをやっているのをご存知の人もいるでしょう。そのRed Bull Air Raceの一環で日本でも少し関連イベントをしています。それはケミカルブラザーズみたいなビート系・クラブ系のバンドのライブステージ(BIG BEACH FESTIVAL '10)とタイアップして、そこを飛行機がアクロバットをしながら飛ぶというものです。わたしは飛行機関係でもいろいろと撮っているのですが、このイベントにオフィシャルカメラマンの一人として参加してきました。

私が撮った写真ですが版権は私に無いのでここにはアップできません、こちらのRed Bullホームページの日本語リンクをご覧ください。
http://www.redbull.jp/cs/Satellite/ja_JP/Article/Red-Bull-Fly-By-021242859422264?refmod=ContentFeed&refmodpos=A2

これはEOS-1Ds MkIIでEF15/2.8 魚眼レンズで撮っています。
撮影はまずステージに乗ってミュージシャンのすぐ隣に待機しています。ここにキーボードの席がありますがこのバンドの場合は空席なので、ここで待機しています。コールがあるのでそのタイミングでとっさに構図を決めて撮ります。ステージ上はかなり音が大きいのでこの辺のタイミング取りはかなり緊張しますね。
観客とミュージシャンと飛行機を全て入れ込んで世界を表現するため魚眼レンズを使いました。その代わり、広く切り取るとステージ内と空との明度差が大きく、ダイナミックレンジが大きくなります。ここは失敗できないので露出はもちろんマニュアルであらかじめ測ってベストなところで固定しておきます。ピントもマニュアル固定です。
もちろん後でRAW現像するのですが、当日JPEGも速報として必要なので撮影時点でしっかりと決めておくことが必要です。
飛んでる飛行機を撮るのはいつも難しいんですが、こうした特別な撮影もまた難しく、それゆえ面白いものです。

こうした曲技飛行に興味あればまた10月16・17日に福島のスカイパークでイベントがありますのでどうぞおこしください。
http://blog17gray.seesaa.net/article/135641615.html
上が昨年のイベントでの写真です。
posted by ささき at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 撮影日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

いで湯とスカイスポーツの旅

10月のことになりますが、再び福島へと向かいました。ちょっと忙しくてまとめられなかったのですが、年を超える前にアップしておきます。

宿はまた飯坂温泉に確保しました。福島から飯坂温泉まではローカル線ですが30分ほどでつきます。5月のときの記事も参照ください。

IMG_1119.jpg     

まずはいつもの鯖湖湯(さばこゆ)です。芭蕉も入湯したという伝統の温泉で飯坂温泉のランドマークです。久しぶりの鯖湖湯はやはり熱かったですが、この半年間の温泉修行の成果か、このくらいならなんとか大丈夫です。
やはり旅の疲れが湯の中で、すっと取れる感じですね。外に出ると少し飛んで見たくなります。

IMG_1127.jpg     IMG_1130.jpg

次は前回あえなく敗退した八幡の湯(右)ですが、やはり熱い!前よりはなんとか入れるけど、やっばり長湯はまず無理。
出ると足がひりひりします。前に書いた湯河原のままね湯よりも熱い。次に三つ目、大門の湯にも挑戦。しかしここは地元の人が水でうめてたのでオフィシャルということで(笑)、ぬるいところにつからせてもらいました。ぬるいっていっても常識的にはずいぶん熱いんですが。

飯坂のもうひとつの楽しみは餃子です。飯坂は町興しに餃子を使っています。下左のような餃子マップがあります。
ここは池袋の餃子スタジアムの月刊優秀店であったという「照井」にはいります。どこか一軒というとここをオススメしますが、週末は混んでいますのでご注意を。

IMG_1123.jpg     IMG_1135.jpg

さて、湯を巡っていると突然知り合いとばったりあってしまい、「え、なんでこんなところで?」と一瞬思いましたが、考えてみるとおかしくありません。
と、いうのは今回来たメインは温泉でも餃子でもないので知り合いが集まってくるわけです。

2308.jpg

それはスカイレジャー・ジャパンというイベントです。
わたしは管理しているユルギスカイリスというリトアニアのパイロットの公式ページの取材ということで来ています。
いま移行作業中なのでショウの写真と運営の話をしにきたというわけです。

スカイレジャージャパンというのはいろいろなスカイスポーツの展示会みたいなもので地上に展示したり、飛行展示をしたりします。

2117.jpg     2178.jpg

最近ではフジテレビでレッドブルエアレースのイベントを放映しているので室屋さんのことはご存じの方も多いのではないでしょうか。
ここでのイベントはユルギス、室屋さん、そしてロバートさんという豪華メンバーによるフライトがメインです。

まずフライトの前には地上でイメージトレーニングを行います。
2489.jpg     2521.jpg     2524.jpg

そして空ではこの素晴らしいフライトを披露してくれます。ブルーインパルスも素晴らしいのですが、この3人のすごいところはすべて性能がばらばらの機体で一糸乱れぬフォーメーションで飛ぶことです。
これは本当に大変なことです。
2605.jpg     2242.jpg

2210.jpg     2587.jpg     2625.jpg

2190.jpg     2288.jpg

そして常にファンにサービスすることを忘れないのもまたうれしいことです。

2126.jpg     2167.jpg

また次もこの素晴らしいフライトを楽しみにしたいですね!

2483.jpg
posted by ささき at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 撮影日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

松島航空祭2009

少し遅い帰省先の宮城で、今年は良い天候に恵まれて松島での航空祭を楽しむことができました。昨年は雨にたたられましたが、今年は見事に晴れ上がり気持ちの良いショウが堪能できました。やはり飛行機に青空は映えますね。

1505.jpg     1515.jpg

カメラはいつものようにEOS-1DsMkIIです。レンズはさすがにでかいEF400/4 DOはおいていったので、旅支度で軽くEF70-200/4ISを望遠に使いました。流鏑馬ではF2.8ズームを使うのですが、飛行機は早いといっても流鏑馬のように近接で角速度や近接率が大きく変わるわけではないので、大口径でなくてもトラッキングはそんなに問題にはなりません。暗いレンズは一度AFロストするとやっかいですが、この好天ではそういうこともありません。

1531.jpg     1536.jpg

広角側はEF16-35/2.8Lをもって行ったので、広い空のキャンバスを十分に切り取ることができました。ブルーインパルスの大空を背景にしたダイナミックな演技が伝わるでしょうか。
ただ松島は真逆光になるのがきついところではあります。

1551.jpg     1560.jpg     1567.jpg

松島はブルーインパルスのホームなので午前と午後に二回のショウを行います。天気が許せば午前と午後で違う科目を行うので、一日にサクラとスタークロスを空に描くのは松島だけです。あいにく午前のショウには間に合わなかったので、上右の写真は午後のスタークロスです。

またブルーインパルスJrもコミカルにいつもの演技で合間を埋めてくれます。でも色物とはいえ、意外とスピード感もあって楽しめます。

1438.jpg     1443.jpg

さて仙台といえば牛タン、しかし平日というのに駅構内の牛タン横丁は長蛇の列、ということで駅ビル地下の店に急遽変更しました。こちらは「きすけ」の牛タン定食(1580円)と別のトロロです。トロロは別売りのところも多いので注文のさいにはメニューを確認してください。

IMG_0796.jpg     IMG_0823.jpg

帰りは駅弁にしたんですが、右は仙台駅の新作という「笹巻きえんがわ寿司」(1000円)です。これは三陸のカレイのえんがわに合わせ酢を漬け込み、軽くすだちをしぼってさっぱりといただきます。えんがわは柔らかくとろりとしてまろやか、旅に疲れた帰りにお勧めです。

しかし、むこうはもう朝はだいぶ涼しく感じられます。秋の気配だけ持ち帰った東京はまだまだ夜も暑く、夏と秋の狭間を行き来した感じです。
posted by ささき at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 撮影日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

2009初春

新年おめでとうございます。昨年度はありがとうございました。
これが2009年初の記事になります。
帰省先は雪が降って一時はつもってしまいどうなるかと思いましたが、さっとあがり気持ちの良い正月でした。

sd0615_2.jpg
Sigma DP1, ISO200, Lightroom2.2

初詣のついでに初撮りに冬ボタンをDP1で撮ってみました。さすがに寄れない28mmで花を撮るのは大変ですが、その辺をあえて撮ってみるのもおもしろいものです。

昨年末にAdobeのLightroomをDP1を現像したいがために2.0にアップグレードしてみました。上の写真はLightroomで現像したものです。
いろいろとSPPとの差はありますが、慣れたLightroomでDP1の現像が出来るというのが一番です。
それとDP1もファームを2.0にあげたころから思うのですが、フォーカスがわりと思うところにくるようになってきたと思います。
またこんな感じで今年もいろいろと書いていくと思いますので、またよろしくお願いします。
posted by ささき at 21:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ○ 撮影日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

曲技飛行のページ作成

毎年行っている曲技飛行世界選手権、オートボルテージュ2008(ツインリンクもてぎ)のページを作成しました。
11月の初旬でしたが、写真もたくさんあるので製作になかなか時間がかかってしまいました。

7511.jpg      8061.jpg
EOS-1Ds MkII, EF400/4 DO

残念ながらイベントは今回で最後となりましたが、最後のショウは晴天にも恵まれてすばらしいものでした。
下記リンクにてお楽しみください。

http://www.sasaki.cc/motegi2/show08/

開催団体の公式ホームページからもリンクしてもらいました。

http://www.haute-voltige.com/photos/home.html

もてぎは今年限りとなりましたが、日本人パイロット室屋さんがレッドブルエアレースに参加するとのことですので来年も航空イベントがもりあがってほしいものです。
posted by ささき at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 撮影日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

福島の旅と秋の色

先週末は福島への旅に出かけていました。主目的は福島スカイパークで開催される飛行機のイベントですが、紅葉も撮りたいので裏磐梯を経由して向かうことにしました。
*本記事のポストが遅れましたが、下記の紅葉の写真とコメントは10/17時点でのものです。
下記の写真は餃子の写真がiPhoneで、飛行機の写真は1DsMkII、それ以外はすべてIXY 25ISです。

一路東北自動車道を東東北へと進路を取ります。佐野SAでは佐野ラーメンの誘惑を乗り越えて、やってきました上河内SA。
ここにはフードコートに宇都宮餃子広場という食事どころがあり、高速を降りなくても宇都宮餃子の食べ歩きができるという優れたフードコートです。高速の食も変りました。

08-011.jpg

4つほどの店舗の餃子を週替わりで出しているようで、わたしは新三と悟空という店の餃子を一皿ずつ注文して、別にライスを頼みました。
新三は地元食材の和風というもので、味わいがあり肉と野菜のバランスがさっぱりして良い感じです。
悟空は最大限にジューシーというものですが、たしかに肉が厚くうまみが濃い感じでちっょと肉まんのようです。帰りに上り線でTVチャンピオンの餃子定食というのを食しましたが、こちらも悟空に近い感じでした。ただどちらかというと新三のように野菜をうまくブレンドした方が餃子らしくはあります。

さて、満足したので帰るか、というわけにもいかないので再び北へと向かいます。
進路を磐越道に折れると久しぶりの磐梯山が特徴的な姿を見せて出迎えてくれます。時間も昼を回ったので喜多方ラーメンの誘惑も振り切り、裏磐梯へと向かいます。まだ紅葉は少し早く、山上の方がいまは良いようなので、磐梯ゴールドラインへ向かいます。

IMG_0283.jpg      IMG_0278.jpg      

IMG_0291.jpg

ゴールドラインではところどころは良いという感じです。写真を撮りたいようなところは停車できないので、適当なパーキングで少し写真を撮ります。1Dをつかうほどのところもないので、主にIXY25で撮って見ました。

IMG_0316.jpg      IMG_0308.jpg

ゴールドラインを降りると久々の裏磐梯につきました。やはり紅葉にはまだちょっと早いという感じです。ちょっと道をわすれていきつもどりつしながら、いつも撮ってた曲沢沼へとつきました。上の写真は曲沢沼です。しかしここでは残念ながら、曇りになってしまいました。

IMG_0338.jpg

今回ははじめてレークサイドラインを通りましたが、ここには中津川渓谷や裏磐梯の湖を望むようななかなかよい見晴らし台もあります。上の写真では裏磐梯を上から見下ろしたかのように湖の広がるさまが分かります。
しかしそうこうするうちに時間がなくなって来たので、予定の磐梯スカイラインはあきらめて115号線の山の中の道の駅でキノコ汁をたべて、今夜の宿、飯坂温泉へと向かいます。

IMG_0366.jpg

飯坂温泉では前田屋さんという旅館に泊まります。川沿いの古い温泉旅館という風情ですが、素泊まりだと3900円ほどという安い料金です。

IMG_0351.jpg

初日は夜食はつけてもらい5900円で、朝はおにぎりサービスにしてもらいました。
料理は陶板焼きがついて、さしみ、魚のホイル焼き、タンドリー風チキンなど食べ切れないくらいです。

さて食後は温泉街に出ます。私の場合はネオンに引かれるということはないので、ここは飯坂温泉の外湯めぐりといきます。さすがに都会ではないので7時過ぎでも町中は暗いですが、坂が多く歴史のありそうな町並みです。

IMG_0360.jpg

まず飯坂温泉発祥の地で松尾芭蕉も立ち寄ったという鯖湖湯(さばこゆ)にいきました。かなり古い木造の湯屋としてなかなか風情があります。
はいってみると皆なぜか湯に浸からないで、たむろっています。いぶかりながらも湯に浸かると、、熱い!強烈に熱い。七転八倒しながらなんとか体を沈めますが、数分我慢できません。たしかに飯坂温泉は熱いので有名という話ですが、これはちょっと。。
まわりの人も観光客らしく、「まるで罰ゲーム」と言ってます。
芭蕉忍者説というのがありますが、昔はもっと熱かったろうにこれに平気で入るとはたしかに芭蕉はただものではありません(笑)
これは退散するしかないと、旅館に戻ってゆっくり浸かろうと思ったら、、旅館の湯も熱い!
しかし旅館の人も水で埋めてね、とわざわざ言ってたように水道ホースがあります。しばし水で埋めてからホースを片手に入ってみるとなんとか入れるようになりました。
すると、とーっても良い湯です。全身から疲れが抜けていくようでとてもリラックスします。
でもせっかくの源泉かけ流しも水でうめるの前提では悲しい。

skypark01.jpg      skypark06.jpg

今回の旅の目的は紅葉ではなく、福島のスカイパークでの航空イベントです。
わたしのもうひとつのお仕事でもある世界的な曲技飛行パイロット、ユルギス・カイリスの公式ホームページの管理と写真で行っていたわけです。

http://www.jkairys.com/

こちらも興味の方はご覧ください。オープニングが終わったら「日本語」を選択して、メニューからTOPICSを選んでください。
posted by ささき at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 撮影日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

端午の節句と新緑

GWは天候が思わしくなく、わたしも体調を少し崩していたのでゆっくりとしていましたが、今日はちょっと出かけて端午の節句の飾りをしている民家園へと行ってみました。写真は全てSigma DP1ですので28mm相当で撮ったものです。

SDIM1148.jpg      SDIM1178.jpg      SDIM1175.jpg
Sigma DP1

左端はHDRで撮っています。屋内でブラケットは大変ですが、DP1はブラケットの連射が早いので助かります。
武者絵のぼりは意図的に逆光で取ったんですが、露出はなかなか苦労します。DP1はAEロックと露出補正を組み合わせて適正な露出を得ることが出来ます。
一番右は民具の製作展示のものです。DP1を使うと細やかなものを撮るのが楽しくなってきますね。

SDIM1194.jpg      SDIM1191.jpg

SDIM1197.jpg
Sigma DP1

民家園は生田緑地の只中なので、とても緑が美しく映えていました。
posted by ささき at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 撮影日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

雪の冬牡丹...

関東はなんと今週3度目の雪が積もりました。近年では珍しいことです。
一夜明けて晴れ間も見えたので、これは雪の積もった冬牡丹を撮れるかも、と上野の東照宮のボタン園へと行きました。
しかし、雪が消えるのも早くて残念ながらあまり雪と冬牡丹という組み合わせはあまり撮れませんでした。

2448.jpg
EOS-1DsMkII, EF135Soft

そして気がついてみると、なんと梅がもう咲いています。
モノトーンを思わせる冬の冷えた空気に、梅のほのかなピンクが映えていました。

2437.jpg
EOS-1DsMkII, EF70-200/4IS

早咲きの梅だと思いますが、寒い寒いと思っていても季節は確実に巡ってきているようです。
posted by ささき at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 撮影日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

雪の一日

今日は朝から関東地方でも雪が降りました!
昨日の予報では雪ではなくみぞれの可能性が高かったんですが、見事に積もっていました。
と、いうわけでもちろん朝から飛び出していきました。
はじめは山の中のような森林公園を考えていたんですが、交通が乱れそうだったので近い生田緑地の民家園にしました。
雪が降ると定番ですね。

2263.jpg
EOS-1DsMkII, EF70-200/4 IS

2364.jpg
EOS-1DsMkII, EF24-105/4 IS

2389.jpg
EOS-1DsMkII, EF24-105/4 IS

2400.jpg
EOS-1DsMkII, VK50R

2418.jpg
EOS-1DsMkII, EF70-200/4 IS


posted by ささき at 21:19| Comment(2) | TrackBack(0) | ○ 撮影日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

曲技飛行選手権2007のページアップ

少し時間がかかりましたが、先日11月の頭に行ってきたツインリング茂木のアエロバティクス選手権のページをアップしました。
今年は演技箇所がみな遠めだったので苦労しました。。ノイズが出ているのも多いですが、なにしろ400DOにテレコンを1.4と2.0を両方つけて1100mm以上でマニュアルで撮ってたりもします。。

http://sasaki.cc/motegi2/show07/index.htm

そして今回も主催団体の公式ページからリンクしてもらえました。
下記ページの左上のところです。

http://www.haute-voltige.com/inter/photos/gallery/motegi07/index.htm

このページ自体は知り合いの航空写真家の今原さんの写真です。
今年は飛行機写真が不調でしたので来年はこの辺をもう少し真面目にやりたいものです。


posted by ささき at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 撮影日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

Red Bull Air Raceプレビュー 横浜港

最近テレビでも取り上げられているので知っている人も多いかもしれませんが、最近の曲技飛行では私が先に書いたオートボルテージュ(これはFAIの公式選手権)のほかにドリンクで有名なRed Bullがスポンサードしているパイロンをくぐりながらタイムを競うRed Bull Air Raceがあります。
http://www.redbull.jp/

本日はそのプレビューとも言えるイベントが横浜港の赤レンガ倉庫の前の港で行われました。これは日本の誇る室屋さんが飛行してパイロンをくぐるというものです。また室屋さんが先の大会で見せた種目もフライトに取り入れていました。
あいにくの天気でしたが、集まった人たちは驚嘆の声を上げて見入っていました。

1775.jpg  1665.jpg

1720.jpg

来年は公式に開かれることを切に願っています!

posted by ささき at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 撮影日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

オートボルテージュ2007

この週末は例年のことですが、ホンダのツインリングもてぎの航空イベントに行っていました。これはFAIという世界的な航空関連の団体の公式な選手権イベントです。
こちらにその昨年の私のページへのリンクがありますので大会の概要がわかると思います。こちらは大会運営委員のFWGPAという団体の公式ページから正式にリンクしてもらってもいます。
http://sasaki.cc/motegi2/show06/index.htm

今年の分はまだまだ整理できていませんが、やはりいつも写真を提供しているフライングブルズと言うチームに提供するために少し今回のサンプルを作りましたので貼っておきます。
1417.jpg     9023.jpg

今年はみな遠くで演技する傾向があったので、400mm F4のDOにテレコンを1.4xと2.0xを二枚重ねて1200mmくらいでさらにMFというので撮ったりしました(笑)
とにかく今回は体力のなさを痛感しましたね。ほんとに一日長玉を使っていると左手が痛くなります。もっと鍛えねば、、

疲れたんで帰りは近くの温泉に寄ってから帰ったらかえって渋滞がなくなっていて得しました。
しかし、やはり自然の中の露天風呂はいい、と実感しましたね。
posted by ささき at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ○ 撮影日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

新宿鉄砲百人隊

秋を想わせるのは秋の花だけではなく、祭りもあります。
この新宿百人町(大久保のあたり)の2年に一度行う変わった祭りが「鉄砲百人隊」です。

もちろん弾は込めませんが、実際の火薬を使って空砲を撃ちます。その音はかなり迫力があります。

8738.jpg     8737.jpg

8749.jpg    8741.jpg 

KissDN, Sigma 18-200
posted by ささき at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 撮影日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

とある路地裏にて

鎌倉の路地にて、、

8194.jpg

1Ds MkII, VK50R Soft
posted by ささき at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 撮影日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

帰省の夏と松島基地航空祭

先週末にかけて帰省していました。
さすが宮城は夕になると涼しさが東京とはまったく違います。電車から降りた駅の空気は東京とは一月は違うと思わせるものでした。
さらに海風も吹き込むし、まわりはほとんど田んぼと緑なんで夜から朝にはやや寒いくらいでした。
夜になり近くを散歩すると日中の暑さは少しひんやりとした気持ち良い空気に変わり、昔の夏休みの夜はこう過ごし易い風だったんだなあ、としみじみと思い返します。
田んぼの稲を見ると見事に重そうに頭を垂れていて今年の収穫の豊かさを予感させます。7月は天候不順でしたが、8月中頃に暑かったのが稲には良かったようです。
こうして自然と対話することで少し失っていた自然のチカラのサプリメントを少し補充します。

今回も松島の航空祭にあわせていったんですが、なんとカメラ不調のため今回はひさびさにすべてぼーっと見ていました。こういうのも良いもんではありますが、あ、そこはシャッタチャンス、とつい考えてしまいます。特に今回はウオークダウンやタキシーバックを誘導員とからめて望遠ならうまくねらえたところにいたので残念です。ちなみにMk3資金に売ったのではありません(笑)
以下は全て携帯で撮ったものです。天気は薄曇りからほぼ晴れというところでした。さくらとスタークロスが同日に見れるのは午前と午後に二回やる松島ならでは、です。午後の演技は晴天科目でした。

matsu07a.jpg   matsu07b.jpg   matsu07e.jpg

今回はブルーJr.は新装開店ということで新型機?の登場でした。

matsu07c.jpg   matsu07d.jpg

下右が新型(キャノピーつき)と旧型です。演技は妙にスピードと切れがよくなった気がします。(科目はおなじですが)

matsu07f.jpg   matsu07g.jpg

みちのくグルメということでは、牛タンでは一番有名店の利久(仙台駅店)の「極」牛タン定食です(1980円)。利久の牛タンは厚みがあり食べごたえがありますが、これを極めた、という感じでこれはよかったです。

matsu07h.jpg   matsu07i.jpg

右は宮城と言えばこれ、という品のひとつズンダ餅です。これは枝豆で作ったものです。これは「ズンダ茶寮」という駅の中のお店のお餅セット(550円)で黒豆茶つきです。これもなかなか美味でした。
posted by ささき at 21:24| Comment(4) | TrackBack(0) | ○ 撮影日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

猛暑お見舞い申しあげます

8113.jpg
EOS-1Ds MkII, VK50R
posted by ささき at 20:08| Comment(2) | TrackBack(0) | ○ 撮影日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

米海軍フレンドシップディ2007

土曜日は毎年恒例の横須賀米海軍の基地公開に行ってきました。
こちらに昨年のレポートがあります。
http://blog17gray.seesaa.net/article/21976711.html

さて、しばらく写真を撮ってなかったのでリハビリもかねていますが、今日も天気が読めなかったのでKissDNと18-55おまけズームでさくっと行きました。

今回はまず腹ごしらえということでいろいろとうろつきます。
しかし意外と高い、特にビールなんかは300円とその辺の縁日の出店より高い。前は100円だったんですけどね。

ちなみにこんな感じです。左端はフードコート内です。
yoko07-1.jpg     yoko07-2.jpg

yoko07-3.jpg     yoko07-4.jpg

食べたのは一番右のでPorkとBeefのチョイスがありますが、ここは度胸をもって税関も通らずアメリカから直輸入のビーフを選びます。
これでひとつ飲み物がついて800円です。

今回の艦船公開は昨年と同じ"USS Blue Ridge" (LCC-19)となぜか自衛艦の"たかなみ" (DD 110)です。

yoko07-14.jpg     yoko07-13.jpg

yoko07-15.jpg

今回はまた乗るまでの待ちが長かったんですが、今回はとてもサービスが良くてブルーリッジは艦内をえんえんとめぐってなんと艦橋や船首のアンカー収納部、接舷用の指揮シートとか艦内ツアーという感じでした。艦橋のシートにも座らせてもらったりしましたが、ここは戦闘用ではなく航海用のものです。

yoko07-7.jpg     yoko07-9.jpg

たかなみは平成15年就役のわりと新しい艦で兵装は短SAMやSSM-1など国産の兵器を使っています。イージスではありませんが、それなりの武装です。上の写真はブルーリッジから見たたかなみのヘリデッキで、向こう側は米海軍のイージス艦です。右はたかなみの右舷です。


今日は横須賀海軍カレーを横須賀海軍カレー館というところで食べてきました。もともと魚藍亭という料亭のメニューで、前に一回きたことがあるのですが、そのときはいけすの前でカレーを食べていました。人気が出て別館になったらしく別館になってからははじめてです。
元祖横須賀海軍カレーという明治41年のイギリス海軍のレシピに忠実なカレーというのを頼んでみました。

横須賀は日本カレー発祥の地ということです。もともと明治時代に日本海軍がイギリス海軍に範をとって学んでいたときに艦内食もまねしていたのですが、そのときにイギリス海軍がカレーを食べていました。
しかしイギリス海軍はもちろんパンとカレーで食べていたわけですが、やはり日本人は米ということでカレーとライスをあわせてみたらこれはいける、ということがカレーライスのはじまりです。
というわけですので下のカレーが日本で一番古いスタイルのカレーということになります。

yoko07-12.jpg

横須賀海軍カレーというと牛乳がついてくるのが特徴です。また葉山牛をなんらかの形で使うというルールもあるようです。
それでこの日本初めてのカレーのレシピを再現した味はというと、かなり昔の家庭のカレーの味と言う感じで、ジャガイモの効いたマイルドで今で言うと甘口カレーというか、カレーの王子様みたいな感じです。
まあ、カレーの歴史はどうでもいいという方には、ほかのカレーをお勧めします(笑)
posted by ささき at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 撮影日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

イースターエッグ

春といえば日本では桜ですが、海外では花々の芽生えとともに命の復活を意味する季節です。
それは復活ということでキリストの復活をかけてイースターとしてお祭りされます。今年は先週の日曜日、4/8がイースターでした。

イースターエッグという言葉を聞いたことがあると思いますが、日本では主にパソコンやゲームでの隠しコマンドとか隠しメッセージを思い出すと思います。

2335.jpg

こちらが本物のイースターエッグです。
イースターでは卵に着色して飾りつけます。ただしそれだけではなく、これをどこかに隠してそれを見つけるというイベントをも差しています。
つまりは隠しコマンドをイースターエッグというのはそこから来ているわけです。


そしてもうひとつ、こちらは知り合いがやっているブライダルフォトの会社で名前を「イースターエッグ」といいます。こちらもよろしく(^^
http://www.easteregg.co.jp/
posted by ささき at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | ○ 撮影日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする