2008年03月23日

PIE2008とDP1のデジタルズーム

いつもはカメラショウというと初日とか早いうちにいくんですが、今回は土曜の最終日に行ってきました。
というのも前半は雨が降ってたので、晴れた日に行ってついでに台場でまたDP1の写真をとって溜め込んでおこうという魂胆です。
ということでフォトエキスポに行く前にたっぷりとDP1を使いました。けっこうDP1でも真面目に撮っていると面白いもので、肝心のフォトエキスポに行く時間が足りなくなったりしました。
この辺はまたアップして行きたいと思います。

PIE2008にもどるとまずはDP1記念にシグマのブースに行って見ました。
他社ともぱっとした製品はないように思いますが、相変わらずシグマは元気です。フィルム時代はタムロンとシグマは区別ができない感じもありましたが、いまはずいぶん違います。
DP1関係ではアーチザン&アーチストと提携したストラップが目を引きます。ただこういうのよりはリストストラップがほしいところです。

pie2008d.jpg     pie2008k.jpg


あとはこのグリーンモンスター、なんと200-500/2.8のズームです。

pie2008c.jpg

みな一様に「これホントに売るものですか?」と聞いていたのがおもしろかったですね。これは専用のテレコンをつけた状態で400-1000/5.6としてデモをしていました。

まじめにほしいと思うのは、この50/1.4です。

pie2008b.jpg

50/1.4というと新鮮味はないですが、このでかさはただものではありません。フィルターはなんと77mmということです。普通の50/1.4は56mmか58mmくらいですから。。72mmの間違いかもしれませんが、それでも50/1.2クラスですので、これは各社の普通の50/1.4というより55/1.2とかそうした感覚があります。F1.2のデザインであえてF1.4に抑えていたとしたら。。描写力もただものではないでしょう。
シグマなので色味がちょっと気になりますが、出来次第では考えたいですね。

SONYのフラッグシップの出展もありましたが、フルサイズでCCD手ぶれ補正というのはなかなか面白そうです。

pie2008e.jpg

あとおもしろかったのはこの富士フィルムの銀塩レンジファインダーです。これ、なんと6x7です。

pie2008g.jpg

聞いて見ると645にしなかったのはデジタルと差を付けるためと、まえに645はやってるから(GS645)だそうです。
レンズは80mm/3.5ですので6x7ならば標準ですね。

それとおもしろかったのはこのローライのデジタルミニです。

pie2008h.jpg

きちんと撮れるだけではなく、こだわりがおもしろいデジカメです。なにしろクランクで巻き上げないと次が取れないとか、正方フォーマットで撮れるとか、なかなか面白いデジカメです。

カメラ博物館も展示物を出していました。

pie2008i.jpg      pie2008j.jpg

スピグラのような名機からスパイカメラ、軍事カメラなどなかなかおもしろい展示です。

また今日はDP1をコンパクトカメラとしてもメモ取りに活用しました。今回の画像はすべてDP1です。ただDP1はメモ取りカメラとしては暗い、寄れない、ぶれが怖いとちょっとつらいところはあります。
寄れないということに関してはデジタルズームを使用するとかなり解消されます。今回はデジタルズームを活用してみました。
ピクセル品質がよいせいか、補完もなかなかいいように思います。
たとえばこれはたまたま会場にあった物撮りデモを使って撮ったものですが、3倍のデジタルズームを使っています。

pie2008f.jpg

ことしはあまり目玉がなかったように思いますが、今年はフォトキナの年なので、なにかあってもフォトキナ待ちというところでしょうね。
posted by ささき at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

EOS 40Dのコマーシャル

渡辺謙が出演しているEOS 40DのTVコマーシャルですが、アメリカのモノレイクのようです。
これは実はわたしも行ったことがあるのですが、当時はビデオしか持っていなかったのでビデオからキャプチャした画像です。

monol2.JPG  monol3.JPG

ここはカリフォルニアの背骨ともいえるシェラネバダ山脈の裏側のルート395という国道沿いにあります。わたしはヨセミテ国立公園からの帰りに寄りました。

monol5.JPG

この変わった白い岩のようなものはTufa(トゥーファ)といってカルシウムが変化したものです。石灰岩の塊のようなものです。ここにはとてもこの世離れした光景が広がっています。
うーん、こういうのを見るとやはりまた行きたくなるなぁ。。。

posted by ささき at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

Canonの新製品群

さて、いよいようちの1DsMkIIも"The king of the hill"ではなくなる日が来ました。
Nバージョンがスキップされた分でけっこう長くアップデートされなかった感のある1Dsも2100万画素になり、MkIII相当の機能がついたというところですね。

http://cweb.canon.jp/newsrelease/2007-08/pr-eos1dsmk3.html

さて私がここで換えるか、というとちょっと考えます。
1DsMkII自体はかなり完成度が高いので、連射機能(RAWでのバッファ)以外にあまり不満がありません。もともと1Dsも連射はメインではないのでそれを考えるとかなり文句をいうところはありません。1600万画素で足りないということもないし、逆に飛行機でも流鏑馬でも手持ちで撮る事が多い私にはもう限界という気もします。そうすると1Ds MkIIIのバッファがRAWで12枚というのは不満といえます。1Dとの差別化なんでしょうけれども、やはり私のように1Dsで動体撮る人もいますからね。

もちろん液晶は大きいほうが良いですがLCDの画素数は据え置きだし、AFも1D (MkI)からMKIIに変わったときは新機能のCPU分業制もあってそのAFの「食いつき」の良さに感銘しましたが、MKIIIはちょっとAFがまだ未知数のところがあるようにも思えます。
流鏑馬とか撮っていると馬の首ではなく射手の顔にピントを合わせなければならないので、45点別々の測距ポイントが選べるというのはわりと便利でもあります。

ただハイライト保持モードはかなり魅力です。ただダイナミックレンジ関係はHDRに移行しているわたしとしては絶対的というわけでもないわけですが、動体はHDRで撮れないのでやはりこれはポイントは高いです。ライブビューはあれば便利とは思うけど、マクロをあまり重視していないのでこれも絶対的というわけではありません。

それだと高速連射用に1D MkIIあたりの中古を足すとか、EF50/1.2Lあたりを買うほうがいいかなあ、とも。。
まあそんなこといいつつも、そのうち出るだろうLuminousあたりの比較レビューでも見ればころっと考え変わるかもしれないし(笑)結局は様子見ですね。



また同時発表のEF18-55のIS付はKissDN用に魅力です。

http://cweb.canon.jp/ef/lineup/ef-s/ef-s18-55-f35-56is/

しかし旧ISなしの18-55が68.5mm x 66mm で190g、新IS付が68.5 x 70mm、フィルター径同じで200gってほとんど同じです。
価格も3000円だけプラスで、かなり戦略的なモデルです。これはボディ内手ぶれ補正つきの他社に対抗するためなのでしょうね。
18-55の良いところはわりと倍率が高くて寄れたところですが、IS付では倍率も上がっていて、これはもうMust Buyです。
もう片方の普及版の望遠も微妙に50mmテレ端が長くなって良い感じです。しかしキヤノンもこれができるならAPS用のIS付18-200ズームレンズも出してほしいんですけど。。
posted by ささき at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

EOS-1D MkIII ハンズ・オン

新宿のSCで1D MkIIIを触ってきました。
お昼頃に行きましたが、わりとすいてすぐに使えました。
デモ機にはEF50/1.2Lがついていました。これも初めて見ましたが、かなり迫力はありますね。

ホールディングという意味で持った感覚はまったく同じ、重さも少し軽くなったというくらいです。バッテリーはかなり小型になりましたがそんなに劇的には軽くはない感じです。
ファインダーは大きくなったので見やすく感じますが、ピントの立ち方はあまり変わらない気がします。1DsIIに比べると明るくなった分でかえってピンの立ち方は1DsIIの方がよいようにも感じました。まあここは直接比べてみないと分かりませんが、、

操作性は1D系から変わった上に前後のダイヤルを組み合わせるという操作なので少しとまどいますが、ISO変更とか慣れるといいかもしれません。ただコンパクトデジカメのようなタブ方式のメニューよりD30/5Dのようにリニアなメニュー配列の方が好みではあります。

またシャッター音とシャッターを切った感触は個人的には1DsMkIIのほうがいいと思います。連写のパシャパシャした音もあまり気持ち良いい感じではないですね。連写は早くバッファの開放も早いので、ここは文句はでないところと思います。
さすがに液晶は広くてみやすいです。ただピントの山が分かりやすいかというとそうでもないように思えます。液晶の画素数が同じなら画面が大きい方が精細感がなく甘い感じに見えますからね。ピンを合わせるという点では2.5インチでいいから画素数が上がってほしい感じがします。ジョイスティックも液晶での再生では使いやすい感じです。

EF50/1.2は液晶でもとてもよい写りでこれは気になるレンズですね。写りが柔らかく雰囲気表現がいいです。

全体には劇的にいますぐほしい、という感じではないです。ただ改良点が細かく積み重なっているという感じですね。デモではそれほどではないけど使って見ると良いかも知れません。
また動体補足力とか、ショウルームでは分からないところもあるのでまたちょっとどこかで使ってみたいところです。

あ、ライブビュー試すの忘れた(笑)
posted by ささき at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

PMAのプレビューから

PMA前夜のプレス向けイベントからですが、下記に写真がいくつか載っています。

http://pma2007.phanfare.com/album/227951

このJOBO PhotoGPSってExifにGPS位置情報を書き込むらしいんですが、シューにつけてどうカメラとつながっているんでしょう?

赤目除去のシミュレーション用のマネキンも笑えます。あとデジカメでもとうとうゴールドカメラがでてたりしてます。
フォトストレージもかなり出ているようですね。
posted by ささき at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

Sigmaから驚きのごーにっぱズーム

PMAもいよいよ開始されますが、直前にいろいろと発表も出てきましたね。
しかし、このシグマの200-500/2.8ズームって。。エイプリルフールのネタかと思ってしまいました。
500/2.8はてっきりキヤノンがDOで出すのかと思っていたら、まんまとシグマに先を越されてしまいました。まあシグマもその辺を警戒してさらにズームというプラスをつけたんだと思いますが。

http://dc.watch.impress.co.jp/cda/lens/2007/03/08/5746.html

「*写真のSD14は、付属しておりません」というコメントが妙に笑えます(笑)。ミロター500とか1000を思い出しますね、これ。
posted by ささき at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

1D MkIIIのホワイトペーパー

下記の海外フォーラムにホワイトペーパーのポストがありました。
http://www.photo.net/bboard/q-and-a-fetch-msg?msg_id=00K37r&tag=
これを見ると画素数は1000万画素に増えていますが、実際のセンサーの面積は変わらずにギャップだけが縮まったようです。
低光量下ではAFセンサーの感度はMkIINの二倍となり、シャドーノイズもMkIINより50%少ないとのこと。
それと14bitADが効いているのか、C.Fn II-3「高輝度側・階調優先」は特筆ものです。これを使うとかなりハイライトが生きてきます。その代わりシャドーノイズがやや増えるとのこと。

AIサーボAFの性能自体はMkIINと同等のようですが、10fpsに対応しているそうです。
ただワンショットAFのときにAFポイントをオートセレクトしたときの挙動が1D系と異なり5Dに近いようですが、AIサーボのときは同じとのこと。これは普通動体を撮るときしかオートにしないのであまり関係ないかもしれません。

posted by ささき at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

1D新型登場!

さて、待望のEOS-1Dの新型が登場しました。
http://cweb.canon.jp/camera/eosd/1dmk3/index.html
一番期待していたのはなにより小型化で、1V相当のボディーにしてほしかったんですがそこが残念です。そもそも1D MkIIの時点でも機能・性能的にかなり不満はないと思うので、機能の改良よりももう少し大きな目玉がほしかったですね。

ただ19点のクロスAFとかAFユニットが進化したというのは惹かれます。クロスがこんなに端っこにあるのは驚きです。
また電池がリチウムになったせいもあるでしょうけど、全体にやや軽量で、電池も軽くなっているので軽量化が図られているのは良いですね。
ダストプロテクションもやはり戸外でレンズ交換するときには気になりますし、全体に飛行機とか流鏑馬を撮るスポーツシューターとしては惹かれるものはあります。1Ds MkIIとも使い分けできますしね。
1D系はダイナミックレンジにも優れていたので14bitADも効果があるでしょう。
あとは1Dsの新型がいつでるかということですが..

しかし19点もクロスがあるなら視線入力を復活させて欲しいですね。まあジョイスティックみたいなのが新設されてますが、やはりカメラの姿勢をくるっと変えたときはAFポイントも即座に変えたいのでそうしたものも欲しくなります。第一いつまでもEOS3が捨てられません(笑)

でも一番評価できる点は今回は日本からはじめに発表したというところです(^^
posted by ささき at 21:35| Comment(4) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

EF50 1.2L登場近し

日本では今週末に発売されるEF50 1.2Lですが、私的にはなかなか興味があります。
わたしは標準レンズが好きでPlanar 55/1.2からEF50/1.0Lまで使いましたが、やはり奥が深く使って楽しいものがあります。

海外ではもういくつかレビューが出ていて作例も乗っています。

たとえばFred Mirandaのフォーラムなどです。

http://www.fredmiranda.com/reviews/showproduct.php?product=305&sort=7&cat=2&page=2

http://www.fredmiranda.com/forum/topic/467828

総合すると開放からF2.8くらいまではかなり良い写りだがそれ以上絞るとF1.4と変わらない。またカラーフリンジとかフレア対策が優れているようでデジタル対応の単焦点という感じですね。
また円形絞りの効果もあるのかボケ味がきれいなようです。
下の作例とかなかなかボケがきれいですね。

http://www.pbase.com/image/72634829

ただ周辺に光点があるとさすがに大口径なので口径食の影響はうけるようです。
posted by ささき at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

Sony光学開発陣によるツァイスレンズのコメント

下記のITMediaのページにSONYの光学開発者の方たちによる新しい時代のツァイスレンズについてのコメントが載っています。

http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0612/27/news013.html

若い技術者の方たちの伝統を踏まえつつも新しい時代のレンズを出していこうという気概が見られて頼もしい限りです。85mmや135mmのところのコメントも興味深いですね!
わたしもこの大口径の135mmはかなり興味あります。STF135とともにいつか使ってみたいレンズです。
この二本のためにアルファボディを買うというのもありですが、もう少し進んだカメラボディもほしいところです。
posted by ささき at 14:04| Comment(4) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

デジタルコンパクトの明日

フォトキナのリコーのブースではGRデジタルの次世代モデルの予告があったようですが、少し大型というところからすると、、これもAPSクラスの大型CCD搭載でしょうか?
Sigma DP1もDCウォッチに簡単なレビューが載っていましたが、ただのモックアップでなくきちんと撮影まで動作するようですね。
来年はいよいよデジタルコンパクトも面白くなりそうです。
posted by ささき at 11:04| Comment(2) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

ツァイスの新レンズ

ツァイスからも新レンズがフォトキナ向けに発表されたようです。
ツァイスのページはなかなかつながらないのですがこの辺が見やすいようです。

http://camera-info.com/Zeiss/New_Zeiss_lenses_for_Nikon_Hasselblad_and_Zeiss_Ikon/_Leica_M.html

しかし50/2、35/2、18/4とかBiogon21/4.5って。。。次のレックス復刻の複線と見た(笑)
Sonnar50/1.5からの流れでこのままベルテレ・オマージュみたいなシリーズに突入という読みもあります。
posted by ささき at 19:32| Comment(2) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

EF50/1.2とEF70-200/4 IS

さきに発表されたEF50/1.2ですが、photo.netあたりを見ていたらフローティング・エレメントではないという情報がありました。また非球面は研削ではなくGMOだそうです。
F1.2のような超がつく大口径の場合は近接すると収差が増大するので、フローティングエレメントでそれを打ち消すというのが定説で、EF50/1.0LやP55/1.2などはフローティングつきでした。
フローティングエレメントを省略したり、キヤノンの看板とする研削非球面ではなくGMOというのはやはりコストをかなり意識しているのでしょう。しかし逆に言うと飾り物のフラッグシップというよりも、きちんとワークホースとして売ろうということなのでしょう。
ガラス的にはエコガラスのせいで不利になっているとは思いますが、やはり光学設計力とか設計ソフトも進歩しているということでしょうね。
買うかどうかはわかりませんが、ちょっと写りは興味あります。

一方でEF70-200/4の待望のIS付きはかなり期待しています。70-200/4はやはり描写力がすばらしいので風景でよく使っていますが、これでISがつくと軽くてサポートしやすいと思うので動きの早い流鏑馬なんかにも使えそうです。
ただちょっと高いのが難ですね。。。
posted by ささき at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

デジタルMと新レンズ群登場

いよいよフォトキナにデビューと宣言していた通りデジタルMが姿を現しました。よくぞM型の筐体にぴったり入れたという感じです。さすがに巻き上げレバーはありませんね。

しかしもっと驚いたのはこのデジタルMにあわせた新レンズですが、Tri-Elmar 16-18-21って。。

http://www.dpreview.com/articles/leicam8/
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/lens/2006/09/15/4622.html

あわせてユニバーサルファインダーも発売されるようです。ユニバーサルファインダーは下記のディーラーページにも載っています。(WWSucher-M)
ワイド・標準の二つのトリエルマー用の枠線切り替えかなんかのノブがありますね。
それとM28/2.8ASPHも新しくなるようです。デジタル対応というやつでしょうか。下記のディーラーページにはNewとして載っていますが、写真を見ると7枚玉かって言うくらいコンパクトです。

こちらのLeicaディーラーのページでは、englishを押してproductsをクリックすると見られます。

http://www.leicabeimeister.com/
posted by ささき at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

Kiss Digital X ハンズオン

Kiss Digital Xが発売されたようですのでさっそくさわってきました。
全体的な感覚は同じですが、まず液晶が大きく変わっています。全体のプレビューとしては大きくなくてもいいと思いますが、だいぶ細部やピントが見やすくなります。
KissDNの場合は小型化されたことで常時残り枚数カウンターや露出情報などの情報がサブ液晶にでるわけですが、これが大型液晶のおかげでなくなると困るのでは、と思いましたがなかなかうまく情報がメイン液晶に表示されるようになっていて、接眼すると表示が消えるなどの仕組みで解決しているようです。
そのほかではAFが非常に早くなったので驚きます。KissDNの一番の弱点はここだったのですが、標準の暗いズームでもかなり俊敏に動きます。
店頭では暗所で試せませんが、ここも改善されてるとちょっといいですね。

それと待望のゴミとり機能もつきましたので、1000万画素というところを除いてもなかなか全体には魅力的なような気がします。
ただKissDNからの買い替えとなると考えてしまいますね。。。あ、買い足しならいいか(爆)
posted by ささき at 21:24| Comment(2) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

ライカの株主総会から

下記のライカホームページのプレスリリースに現CEOのJosef Spichtig博士のライカの株主総会でスピーチが掲載されていました。(7/6付け)

http://www.leica-camera.com/unternehmen/presse/data/04963/index_e.html

あまり長くて経済用語が多いので途中からずっと飛ばしてTo sum upだけ見ましたが、この一年なんとかやってきたがまだ課題は残っているということのようですね。"We accept these challenges as a team."というのは日本的な言い方だなあと思いましたが、ドイツで開催中のサッカーのワールドカップにひっかけたようです。
おもえば昨年のいまころのライカの経営難の騒ぎと株主総会といえばライカ社にとっては大変な時期だったわけですが、なんとかここまでやってきてまだ未来を語ることが出来るということでしょう。

それとライカ銀座のこともちょっと載っていますが、オープン以来まずまず好調ということのようです。しかしライカベルリンより直営店としてのオープンは早かったんですね。
posted by ささき at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

イチゴゾナー復活!

しかし、なんでしょうかこのツァイスの最近のパワーは。
とうとうイチゴゾナー(Sonnar F1.5 50mm)まで復活してしまいました!

http://www.zeiss.com/c12567a8003b58b9/Contents-Frame/efadab346a2cb77dc12571880041b10c

ゾナーF1.5についてはこちらのわたしのページもどうぞ。

http://www.asahi-net.or.jp/~eg3y-ssk/photo/tstar/sonnar/index.htm
posted by ささき at 22:54| Comment(4) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

ライカMデジタルへの布石

ライカMデジタル関係で下記サイトにおもしろい話が出ています。もとはライカ社のプレスリリースのようです。

http://www.rangefinderforum.com/forums/showthread.php?t=24418

これはMデジタルがレンズを識別できるようにMレンズのバヨネット部分に白黒のドットを6個使って6bitのデータをプリントして(バーコードのように)それを光学的に呼び出してレンズを識別するというものです。ROMが入れられないことへの苦肉の策ということでしょうね。
6bitだと2^6で64通りのレンズが識別できますが、ライカのレンズが64種類で足りるかという話もあります。ただ別に35mmF2の6枚玉と8枚玉を区別する必要もないと思うので(笑)焦点距離と開放F値の組み合わせでそのくらいあると十分ということなんでしょうか。
これから販売するレンズにははじめから、ユーザーが手持ちのレンズにはあとで付けてもらうことになるようです(有料)。

posted by ささき at 22:01| Comment(3) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SONYの一眼レフいよいよ登場

まだ正式発表はないようですが、海外ではかなり情報が出てきました。
DPreviewでもさっそくハンズオンレビューが出ています。
レンズラインナップではSTF135やAFミラーレンズのように特徴的なミノルタのラインナップを引き継ぐとともにツァイスブランドのレンズもいくつかラインナップされているようです。

http://www.dpreview.com/articles/sonydslra100/page3.asp

この35/1.4ってミノルタの最後期に発表されて結局発売されなかったものをリブランドしたものでしょうか?
レンズ的にはけっこういろいろそろえてきたという感じです。
posted by ささき at 07:53| Comment(8) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

EF24-105/4Lと5D

今回の上高地ではNiCoLeiさんのEF24-105と5Dを使わせてもらいました。
EOS 5Dは質感は譲りますがフルサイズCCDということを考えると軽量で取り回し易いと思いました。また画質もかなり高いように思えます。
けっこう気に入ったのはEF24-105/4Lで(2.8に比べると)軽くて適度に明るく適度に高倍率というところに加えて、やはり手ぶれ補正が強力でとくに暗い森の中で1/4なんかで撮れてしまうというのは驚きです。また試し撮りしたのを現像してみると光学性能も少なくとも2.8Lと同等でかなり高いと思います。フレアは対策前だとやはりかなり出るようですが、いまのは大丈夫なのでしょう。
ただ24-70/2.8Lに比べるとリバースズームでないというのがちょっと、という感じです。
posted by ささき at 22:36| Comment(3) | TrackBack(0) | ○ カメラ・レンズなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする